20年来ナイナイ番務めた『ぐるナイ』名物Pが失意の死

投稿日: 2015年04月08日 13:00 JST

 3月末、’14年度平均視聴率(全日、ゴールデン、プライム)三冠達成を発表した日本テレビ。1人勝ちが続くなか、25日、急逝した男性を偲ぶ会が都内のホテルで密かに営まれていた。

「約20年間『ぐるぐるナインティナイン』プロデューサーを務めたA氏が3月11日に57歳の若さで亡くなった。自殺説も出ている」(日テレ関係者)

 ’94年から始まった『ぐるナイ』は、当時まだ若手のナイナイを抜擢。当初関東ローカルだったが、いまや日テレを代表する看板番組に。その礎を築いたのが立ち上げメンバーのA氏だった。

「彼には妻や子供はなく、独り暮らしで亡くなっていたと聞いている。局内ではナイナイ担当のPとして知られ、柔和な笑顔で周囲の緊張をほぐす“癒し系”。いつもジャージ姿で、番組にも一時は頻繁に登場していた“名物P”だった。とくに岡村さんのお気に入り。酒好きで有名でね、お昼の会議で『また〜おっちゃん酒臭いわあ』と岡村さんに笑顔でイジられるなど、彼のキャラが愛されていた」(番組関係者)

 偲ぶ会の発起人は、A氏が下積み時代にマネージャーをしていた清水アキラ。ウド鈴木や宮川大輔らが神妙な面持ちで駆けつけていた。前出・日テレ関係者はこんな証言を。

「Aさんはじつは繊細な人。立場上、局側のシビアな意向と出演者の本音の狭間に立つことが多く、常にプレッシャーを感じていた。この4〜5年は、局から制作費を大幅に削られるなど苦労が絶えなかったようだ。徐々にストレスを溜め込んでお酒に溺れていったんだと思う。スタッフの削減も続き、長年の功労者であるAさんもついに昨夏『ぐるナイ』から外された。かなりショックを受けていたようだ」

 本誌はA氏が長年、籍を置いていた番組制作会社の代表を直撃した。

「どんだけアイツが死んだことを俺が寂しがっているか。警察に聞いても死因もわからない。身内の方が遺体を引き取りに行ったと聞いた。酒が好きだったが酒癖はよくなかった。時々遅刻したり番組を休んだり……」

 A氏は、2年前にフリーになったという。

「昨夏、酒が原因で入院して、見舞いに行ったら『酒やめます。頑張ります』と答えた。それから連絡が途絶え、今年2月末に突然会社に来て『また仕事があったらお願いします』と言うから『わかった』と。実家に戻ったかと思っていたが、それ以上はわからない……」

 悔しさを滲ませるかつての上司。A氏の死について日本テレビの広報・IR部は「体調不良が理由で昨年夏に番組を辞められましたが、先月、突然亡くなられたと聞きました。心よりお悔やみを申し上げます」と回答。

「制作費もスタッフも減らされているのに、結果だけは今まで以上に求められ、現場は疲弊している」(番組関係者)

 快走する春爛漫の日テレ。だが制作現場の闇は、深い。

(週刊FLASH4月21日号)

【関連記事】

テレ東プロデューサーが語る「ヒット番組の作り方」

マツコ大化けさせたプロデューサー 次に再生狙うは「清原さん」
月給7万円で借金2千万円を完済した「矢部家の食卓」

この記事が気に入ったら
いいね!/ フォロ− しよう

WEB女性自身の最新の情報をお届けします。

あなたにオススメ

【注目アイテム】
「メスを使わない美容整形」コルギのパワーを自宅で!!
ジェニファー・ロペス、カイリー・ミノーグが「約20歳年下彼氏」を手に入れたワケ!
45歳、奇跡の美乳・原志保さんのボディを作るヒミツのグッズ公開!!
着るだけで、エステの効果がインナーに!!
可愛い47歳! 元CA佐藤亮子さんの大人気トラベルブランド

コラム・連載

もっと見る

女性自身チャンネル

もっと見る

スヒョン入隊前の心境を吐露!U-KISSみんなで乗り越える新曲2017.10.17

U-KISSが14枚目のシングル『FLY』をリリース! 4月にケビンが卒業して以降、5人体制で挑むはじめてのシングルは苦しいことを乗り越えて前に進もうというメッセージが込められている。楽曲、そしてリ...


ランキング