松田聖子「明菜より格下…」プライド粉砕でレコード会社移籍へ

投稿日: 2015年04月09日 08:00 JST

 4月1日、デビュー35周年を迎えた歌手・松田聖子(53)。

「聖子さんの35周年は彼女にとって正念場になりそうですね。実は彼女はレコード会社の移籍を決意しているのです。聖子さんは6年前の’09年6月に、ソニー・ミュージックからユニバーサルミュージックに移籍しました。当時は歌手デビュー30周年を翌年に控え、『海外でのヒットも目指したい』と、聖子さんも意気揚々としていました。しかし……」(聖子を知る音楽関係者)

移籍後の5年半はほとんどヒット曲にも恵まれず、聖子にとって決して満足できるものではなかったという。不完全燃焼の日々の聖子を襲ったのは、さらに屈辱的な事件だった。ライバル・中森明菜(49)が衝撃的な復活を果たし、CD売上で“完敗”を喫したのだ。

「明菜本人の露出がいっさいなかったにも関わらず、昨年8月に発売された2枚のベストアルバムは合計25万枚突破と、大ヒットしました。これは聖子にとって、大きなショックでした」(芸能関係者)

 聖子にとって不幸だったのは、明菜も彼女と同じユニバーサルミュージックに所属していたことだ。

「ユニバーサルミュージックは’15年に力を注ぐべき邦楽部門の“3本柱”を、DREAMS COME TRUE、中森明菜さん、そして華原朋美さんにする方針を決めました。華原さんは、3月末から情報番組『PON!』のレギュラーコメンテーターになりしたし、5月には元恋人・小室哲哉が手がけた新曲を発表するなど、何かと話題も多く、紅白出場も期待されているのです」(前出・音楽関係者)

“私がよりによって明菜よりも格下の扱いに!?”ユニバーサルの今年の方針を知ったとき、聖子のプライドは無残にへし折られた。「明菜ばかり大事にして、私を押す気がないなら、もうほかのレコード会社に移籍するしかない」――聖子はそう決意したのだ。

「移籍時期は、ユニバーサルとの契約満了を迎える6月が濃厚だと聞いています」(前出・音楽関係者)

 記念すべき35周年のメモリアルイヤー。実母や娘・神田沙也加との断絶が続くなか、聖子はプライドを回復することができるのか――。

【関連記事】

松田聖子 新装開店“聖子ショップ”にファンが激怒のワケ

聖子 ジーンズ姿で“庶民”な駅前ショッピング目撃撮!
松田聖子 姑感涙…義父葬儀で見せた「私は長男の嫁」の献身

この記事が気に入ったら
いいね!/ フォロ− しよう

WEB女性自身の最新の情報をお届けします。

あなたにオススメ

【注目アイテム】
「メスを使わない美容整形」コルギのパワーを自宅で!!
ジェニファー・ロペス、カイリー・ミノーグが「約20歳年下彼氏」を手に入れたワケ!
45歳、奇跡の美乳・原志保さんのボディを作るヒミツのグッズ公開!!
着るだけで、エステの効果がインナーに!!
可愛い47歳! 元CA佐藤亮子さんの大人気トラベルブランド

コラム・連載

もっと見る

女性自身チャンネル

もっと見る

スヒョン入隊前の心境を吐露!U-KISSみんなで乗り越える新曲2017.10.17

U-KISSが14枚目のシングル『FLY』をリリース! 4月にケビンが卒業して以降、5人体制で挑むはじめてのシングルは苦しいことを乗り越えて前に進もうというメッセージが込められている。楽曲、そしてリ...


ランキング