つんく♂「今がベストと考える」我が子に伝える命のエール

投稿日: 2015年04月15日 06:00 JST

関連キーワード

 衝撃の発表から数日後の4月上旬、つんく♂(46)は都内のグラウンドにたたずんでいた。冬のような寒さのなか、駆け回る子どもたち。この日はサッカー教室が開催されていて、なかには彼の愛する双子の長男(6)と長女(6)の姿が。まだブカブカのユニフォーム姿で、必死にボールを追いかけている。そんな我が子を見つめるつんく♂。そして彼は、目を細めて笑った――。

 4月4日、母校・近畿大学の入学式で声帯全摘出の事実を明かしたつんく♂。昨年3月に喉頭がんを公表。放射線治療の末、同年9月には“完全寛解”を報告していた。だが、がんは再発。そして彼は同年10月に声帯全摘手術を受けたのだ。

 喉頭がんの5年生存率は70%で、再発の場合はさらに確率は下がるという。つんく♂にとって、まさにギリギリの決断だったといえる。そこには、子どもたちの存在も大きかったようだ。08年に産まれた双子の長男・長女、11年に産まれた次女(4)は、ともに「パパが声を失った」と大きなショックを受けていた時期があったという。

「そんな子どもたちを前にして、つんく♂さんは『このまま落ち込んでいられない』と奮起したんです。これまで、つんくさんは苦難があっても『今がベストだと考えよう』と口にしてきました。そして『今という瞬間をどう残していくか』にもこだわってきた。そんな彼のモットーを、子供たちに伝えようと誓ったようです」(音楽関係者)

 彼は近畿大学の入学式でも《こんな私だから出来る事、こんな私にしか出来ない事。そんな事をこれから考えながら生きていこうと思います》とコメントしている。それは「今をベストに生きる」という彼のモットーそのものだった。

そんな父の背中に触れ、子どもたちも次第に元気を取り戻していったという。そしてこの4月から、双子の長男と長女はピカピカの小学1年生になった。本誌が目撃したのは、そんな子供たちをサッカー練習に連れてきた姿だったのだ。

グラウンドに出ると、一生懸命ボールを追いかける子どもたち。それを優しく見つめるつんく♂は、何度もスマートフォンで撮影していく。言葉はなかったが、その姿は「パパはこれからもずっと側にいるよ」と“命のエール”を送り続けているようだった。

【関連記事】

高橋克典「こどもの日」を共にすごしたパパ友は「つんく♂」

Juice=Juice宮崎 現在闘病中のつんく♂は「元気でした!」

林家木久扇『笑点』降板の恐怖に怯えた「喉頭がん」闘病2カ月

この記事が気に入ったら
いいね!/ フォロ− しよう

WEB女性自身の最新の情報をお届けします。

【注目アイテム】
「メスを使わない美容整形」コルギのパワーを自宅で!!
ジェニファー・ロペス、カイリー・ミノーグが「約20歳年下彼氏」を手に入れたワケ!
45歳、奇跡の美乳・原志保さんのボディを作るヒミツのグッズ公開!!
着るだけで、エステの効果がインナーに!!
可愛い47歳! 元CA佐藤亮子さんの大人気トラベルブランド

コラム・連載

もっと見る

女性自身チャンネル

もっと見る

水晶玉子さんが語る「物事が大きく発展する“吉兆日”はこの日!」2018.05.09

3年目を迎えた本誌連載『オリエンタル占星術』が大人気の占い師・水晶玉子さん。'17年末に、『水晶玉子縁結び開運バイブル2018』(光文社刊)を出版した記念として、4月16日、都内の光文社にて、水晶玉子...


ランキング