井上真央 大河低迷にNHK籾井会長が出した「仰天の大号令」

投稿日: 2015年04月23日 06:00 JST

ついに視聴率がひと桁台に急落したNHK大河ドラマ『花燃ゆ』。4月12日放映の第15話は、関東地区で9.8%を記録。12年に放送された『平清盛』以来の10%割れとなった。

低迷する数字にヒロインの吉田文を演じる井上真央(28)も落胆している……と思いきや、意外にも現場は一枚岩で団結しているという。

「実は、現場の雰囲気は思われているほど悪くないんですよ。今も、井上さんを中心に団結しています。たしかに放送開始当初は思うように数字が伸びず、井上さんも2カ月で3キロも痩せてしまったと聞いています。しかし、文の兄・吉田松陰を演じた伊勢谷友介(38)さんがクランクアップ会見で『10%もあれば十分。見てる人には、ちゃんと伝わる』と現場の声を代弁してくれた。それで、井上さんも肩の荷が下りたみたいです」(NHK関係者)

 しかし、そんな現場の空気に水を差そうとしているのが局の上層部。籾井勝人会長(72)がついに“大号令”を出したのだ。

「今作は安倍首相の地元・山口県を舞台にした籾井会長肝いりの作品。それだけに絶対失敗は許されません。でも視聴率は上がらない。それに業を煮やした会長は『何とかしろ!』とカミナリを落としたそうです。これに慌てたのが、会長派の上層部たち。次々と改善案を出し始めてはいますが、突拍子もなものばかり。現場は呆れていますよ」(制作関係者)

 だが驚くことに、会長派の意向のいくつかは実現に向けて動き始めているという。

「今さらながらヒロインの文の足跡をたどり直し、ゆかりの地でのイベントを計画しているそうです。また戦のシーンは視聴率が取れると考えた結果、しばらくヒロインの出演シーンを3分の1程度減らしていくという計画が浮上しているんです。それって、文をヒロインにした今作のテーマを根底から覆す気もするのですが……」(前出・制作関係者)

籾井会長の号令から飛び出したNHKの「ヒロインはもう出すな!」という大迷走。見当違いの計画で、一枚岩となっている現場の士気をも急落させなければいいのだが……。

【関連記事】

朝ドラ、大河…井上真央がNHKに寵愛される理由

井上真央 都心の一等地に「NHK朝ドラ御殿」を購入
美輪明宏さん明かす朝ドラ「ごきげんよう」のヒミツ

この記事が気に入ったら
いいね!/ フォロ− しよう

WEB女性自身の最新の情報をお届けします。

あなたにオススメ

【注目アイテム】
「メスを使わない美容整形」コルギのパワーを自宅で!!
ジェニファー・ロペス、カイリー・ミノーグが「約20歳年下彼氏」を手に入れたワケ!
45歳、奇跡の美乳・原志保さんのボディを作るヒミツのグッズ公開!!
着るだけで、エステの効果がインナーに!!
可愛い47歳! 元CA佐藤亮子さんの大人気トラベルブランド

コラム・連載

もっと見る

女性自身チャンネル

もっと見る

スヒョン入隊前の心境を吐露!U-KISSみんなで乗り越える新曲2017.10.17

U-KISSが14枚目のシングル『FLY』をリリース! 4月にケビンが卒業して以降、5人体制で挑むはじめてのシングルは苦しいことを乗り越えて前に進もうというメッセージが込められている。楽曲、そしてリ...


ランキング