裕次郎、渡哲也…浅丘ルリ子が語る昭和大スターとの交遊録

投稿日: 2015年05月05日 07:00 JST

関連キーワード

「(女優デビュー後)常時5〜6本の作品をかけ持ちしていて、映画1本を2週間で作っていました。だから、忙しいったらありゃしない。20歳のときが最多で、年間22本。でも、私だけではなく、当時の人気俳優・女優たちはみんな同じ状態なのよ」

 こう語るのは、今年で芸能活動60周年を迎える浅丘ルリ子さん。’55年、映画『緑はるか』のヒロイン・ルリ子役で銀幕デビュー。その後、多数の作品でヒロインを演じ日活の看板女優に。現在は活動の場を舞台に移し、精力的に活躍している。

 そんな浅丘さんが、昭和の大スタートたちとの華麗なる交遊録を語ってくれた。

【石原裕次郎】
「裕ちゃんは日活の1年後輩。日活から石原プロに6年間お世話になりましたし、仕事でもプライベートでも多くの面で支えになってくれました」

【小林旭】
「私が旭さんと付き合っていたのは20歳のころ。父の反対もあって結婚はできませんでしたが、愛した人のひとり。今でも仲よしですし、共演もしていますよ」

【高橋英樹】
「日活デビュー直後の英樹の面倒を見ていたの。英樹は私がいなくても、『高橋です。お食事させてください』と、私の家に勝手に出入りしていたのよ!」

【渡哲也】
「渡くんのデビュー当時は、緊張してセリフも全然言えずじまい。そりゃそうよね。いきなり石原裕次郎さんと私の間に挟まれて演じなきゃいけなかったんだから」

【岩下志麻】
「松竹映画『嫉妬』には、私が酔って志麻ちゃんに水を口移しで飲ませるシーンが。女性と初キスだったけど、口紅がべちゃっとして気持ち悪かったのよね(笑)」

【関連記事】

黒柳徹子の思い出に残る“昭和の大スターたちの素顔”

女性300人に聞いた私のお気に入り昭和歌謡1位は「異邦人」

「私、山口百恵です」女性自身編集部への電話の理由

この記事が気に入ったら
いいね!/ フォロ− しよう

WEB女性自身の最新の情報をお届けします。

【注目アイテム】
「メスを使わない美容整形」コルギのパワーを自宅で!!
ジェニファー・ロペス、カイリー・ミノーグが「約20歳年下彼氏」を手に入れたワケ!
45歳、奇跡の美乳・原志保さんのボディを作るヒミツのグッズ公開!!
着るだけで、エステの効果がインナーに!!
可愛い47歳! 元CA佐藤亮子さんの大人気トラベルブランド

コラム・連載

もっと見る

女性自身チャンネル

もっと見る

“韓国で最も有名な日本人”KangNam「日本と韓国の架け橋に!」2018.04.17

今回のK☆STAR LOVERSのゲストは、“韓国で最も有名な日本人”として日本のバラエティ番組でも活躍する歌手KangNam(カンナム・31)。 この日は、ネプチューンの名倉潤と、河本準一(次長課...


ランキング