宍戸錠 自宅全焼から2年「独居の今」「盟友への思い」を激白

投稿日: 2015年05月15日 06:00 JST

関連キーワード

 宍戸錠(81)の都内自宅が全焼して丸2年が経った。焼失したのは、世田谷区内の501平米の敷地に建っていた2階建ての家。土地だけで約3億円という豪邸だった。

宍戸はその後、自宅近くの家賃12万円の賃貸マンションで1人暮らしを始めた。あれから2年、宍戸の表立った仕事ぶりは聞こえてこない。どんな日々を送っているのだろうか。本人の携帯電話にかけてみると、意外にも元気な声が返ってきた。

 ――1人暮らしは不自由じゃないですか?
「近所に2軒、コンビニがあるから大丈夫。いまは3日に1度、弁当を6個くらいとビールや焼酎を買いだめしてるよ。冷蔵庫に入れているけど、腐らせちまうことが多いな(笑)」
 ――いま恋人はいますか?
「恋人は作らないけど、女性とは、この2年間で7人くらいと寝たかな(笑)。僕はモテる」
 笑いを交えて、話し方もしっかりしている。
 ――物忘れなどは大丈夫ですか?
「いやあ、ダメだね……。だんだんバカになっていくよ。(高倉)健さんや菅原文太、愛川(欽也)とか死んじゃって、次は俺かなという感じがする。文太とは大学生のときに会っていて、『顔がいいから俳優やれよ』と俺が勧めたんだ。俺が先に売れたけどな。あいつ、死んじゃったんだよな……」

 映画界を牽引してきた“盟友”たちに先立たれた寂しさが、言葉の端々ににじんだ。

「でもな、宍戸錠は90歳まで生きる。それを目標に自由に暮らして、最終的にあと1本、映画を撮って死ぬ。だから(ファンも)安心しろよ!」

 約50分、怪気炎を上げ、なお意気軒高な宍戸だった――。

【関連記事】

宍戸錠 自宅全焼後の新生活は家賃12万円の2LDKで

宍戸錠 実家全焼から1カ月半「見舞金で“焼け太り”…」

宍戸錠 自宅焼け跡から見つかった”妻との思い出”

この記事が気に入ったら
いいね!/ フォロ− しよう

WEB女性自身の最新の情報をお届けします。

【注目アイテム】
「メスを使わない美容整形」コルギのパワーを自宅で!!
ジェニファー・ロペス、カイリー・ミノーグが「約20歳年下彼氏」を手に入れたワケ!
45歳、奇跡の美乳・原志保さんのボディを作るヒミツのグッズ公開!!
着るだけで、エステの効果がインナーに!!
可愛い47歳! 元CA佐藤亮子さんの大人気トラベルブランド

コラム・連載

もっと見る

女性自身チャンネル

もっと見る

水晶玉子さんが語る「物事が大きく発展する“吉兆日”はこの日!」2018.05.09

3年目を迎えた本誌連載『オリエンタル占星術』が大人気の占い師・水晶玉子さん。'17年末に、『水晶玉子縁結び開運バイブル2018』(光文社刊)を出版した記念として、4月16日、都内の光文社にて、水晶玉子...


ランキング