さだまさし 自分役演じる菅田将暉に「似ていて嬉しい」

投稿日: 2015年05月21日 18:00 JST

 5月21日、さだまさしの自伝的小説が原作のドラマ『ちゃんぽん食べたか』の試写会が東京・渋谷のNHKで行われ、主演の菅田将暉(22)、原作者でシンガー・ソングライターのさだまさし(63)が出席した。

 同作は、昭和40年代初頭の東京を舞台に、プロのバイオリストを目指す少年・雅志(菅田)が、挫折を味わいながらも周囲の人々と心を通わせ成長していく青春ストーリー。

 さだを演じる菅田は、「うちのオヤジはさださんに憧れて耳コピしていた世代。オヤジがさださんの曲を弾き語りする姿を見てきた」と感慨深げ。一方のさだは、「“すだまさき”と“さだまさし”って響きが似ていてうれしい。自分は若いころ、こんなにきれいじゃなかったけど」と、会場を笑わせた。

(撮影/江口明裕)

【関連記事】

さだまさし 歌手生活40年…しんどかった「さだは暗い」批判

さだまさし 返済まで30年…35億の借金生んだ映画製作
「他の役者に取られたら悔しい」菅田将暉、出演映画で感じた青春

この記事が気に入ったら
いいね!/ フォロ− しよう

WEB女性自身の最新の情報をお届けします。

【注目アイテム】
「メスを使わない美容整形」コルギのパワーを自宅で!!
ジェニファー・ロペス、カイリー・ミノーグが「約20歳年下彼氏」を手に入れたワケ!
45歳、奇跡の美乳・原志保さんのボディを作るヒミツのグッズ公開!!
着るだけで、エステの効果がインナーに!!
可愛い47歳! 元CA佐藤亮子さんの大人気トラベルブランド

コラム・連載

もっと見る

女性自身チャンネル

もっと見る

“好感度1位”俳優パク・ボゴム 謙虚すぎる受け答えにウットリ2017.12.05

最旬スターのインタビューをお届けするK☆STAR LOVERS。今回のゲストは、今、韓国で最も愛される俳優のパク・ボゴム(24)。'16年に韓国で放送され、最高視聴率25.3%を記録した時代劇『雲が描...


ランキング