園子温 新作は綾野剛の「新しい一面が引き出せたと…」

投稿日: 2015年05月24日 06:00 JST

関連キーワード

「いくつかお題を出され、それをまとめ上げる。職人として、ビジネスとして作品を作り上げる面白さがありました」(園子温)

 人気コミック原作、脚本・鈴木おさむ、主演・綾野剛(33)。『愛のむきだし』(’09年)や『ヒミズ』(’12年)などを手掛け、“鬼才”と評される園子温(53)がヒットを狙った大作映画『新宿スワン』を監督した。新宿・歌舞伎町を舞台に、クラブやキャバクラ、風俗に女性を紹介するスカウトマンの成長を描く青春群像劇。

 綾野のほか、山田孝之(31)、沢尻エリカ(29)、伊勢谷友介(38)……と個性豊かな俳優が多数出演しているが、まとめるのは大変だったのでは?

「綾野くんの新しい一面が出せたんじゃないかと思います。と言いますのも、綾野くんが自分で打ち出してきたイメージがあって、『そういくか!』『僕もそっちにのっかるよ!』という感じで。全体的に役者の熱量がすごかったので、僕も負けないように、相互にハンパなく燃え上がったというか。沢尻さんも『みんながすごく熱かったから、自然にその中に染まっていった』と言っていましたよ」

 完成披露試写会で綾野は、「出し惜しみをしないよう心がけました」と語っている。また、現場の熱さは’14年春に行われた撮影時のYahoo!ニュースでも伝わってきた。ロケに人が集まりすぎて撮影が止まってしまったのだ。

「ニュースになったせいですごい混乱が起きたことになってしまいましたけど、僕自身はそれほどイヤじゃなかったというか。集まってきた人の中に地元のヤンキーとか面白い男もいて、『君、レギュラー。明日から毎日来て』って(笑)。本物のキャバクラ嬢にも『君たちは現役なんだから、撮影に来て』と取り込んで。みんなまじめだから来てくれるんです。そのおかげで歌舞伎町の混沌とした感じがより出せたんじゃないかと思います」

 冒頭でも話しているように、今作は園子温“臭”があまりしない、少し違った仕上がりになっている。いい意味での制約の中で楽しみながら撮影したというが。

「今までは、原作から脚本、演出、音楽とすべてやっていましたから、ニオイを残すどころか臭いくらいですよ(笑)。でも、だから僕はこういう作品を作るときに、自分の持ち味をどう残すか、とか、爪痕を残そうという気持ちを持たずに、スッキリとやれるんだと思います」

 さらに、今年は『新宿スワン』のあとにも、続々と監督作が公開される。作品によってまったく違う“園子温ワールド”が楽しめることだろう。

【関連記事】

園子温が語るサンフランシスコでのホームレス時代

園子温語る20歳年下女優妻との“耐え忍ぶ”夫婦生活

小栗旬がヤケ酒に走った「山田孝之と綾野剛の蜜月関係」

この記事が気に入ったら
いいね!/ フォロ− しよう

WEB女性自身の最新の情報をお届けします。

【注目アイテム】
「メスを使わない美容整形」コルギのパワーを自宅で!!
ジェニファー・ロペス、カイリー・ミノーグが「約20歳年下彼氏」を手に入れたワケ!
45歳、奇跡の美乳・原志保さんのボディを作るヒミツのグッズ公開!!
着るだけで、エステの効果がインナーに!!
可愛い47歳! 元CA佐藤亮子さんの大人気トラベルブランド

コラム・連載

もっと見る

女性自身チャンネル

もっと見る

水晶玉子さんが語る「物事が大きく発展する“吉兆日”はこの日!」2018.05.09

3年目を迎えた本誌連載『オリエンタル占星術』が大人気の占い師・水晶玉子さん。'17年末に、『水晶玉子縁結び開運バイブル2018』(光文社刊)を出版した記念として、4月16日、都内の光文社にて、水晶玉子...


ランキング