永作博美語る健やかな生き方「夫婦は依存しないほうがラク」

投稿日: 2015年05月24日 06:00 JST

関連キーワード

 まもなく今年、出演3作目となる映画『夫婦フーフー日記』が公開。女優として多忙な一方で、私生活では2児のママ。先日ベストマザー賞を受賞した永作博美(44)が、健やかに生きるコツを語る。

《夫婦関係は依存しないほうがラクだと思う》
 今回の映画に出てくる夫婦は、親密な関係でありながら夫婦漫才みたいなことをしていて。それはきちんと距離感があるからできることなのかなと思うんです。そういう関係は素敵だと思いますね。結婚したらずっと2人ですから、あまり依存しないほうがラクだと思います。夫婦ってどうしても近いし、本当にいろんなことに直面して、話し合いながら生きていかないといけませんから、引いた目で見る感覚があったほうがいいのかな、と。

《忙しくてできないことがあっても『ま、できなかったね、しょうがない』って》
 仕事も家事も、やってもやっても終わらないので、明日に回せることは明日に回そうと覚悟をして、その日は寝ます。延びてしまってもいつかはできるし、そこに執着してしまうと、たいしたことじゃないのにずっと頭にあるのがもったいないなって。たくさん抱えすぎるとイヤになっちゃう、重くて前に進みにくい感覚というか。せっかく新しい毎日がやってくるんだから、多少のことは「ま、できなかったね、しょうがない」と、私は生きています。

《よくかんで消化のいいものを食べるのがいちばんです》
 美容や健康のためには、よくかんで消化のいいものを食べるのがいちばんだと思います。胃や腸に負担をかけないようにして、いらないものが出ていくような体を作っていく。魚がいいですね。油を使ったり余計なものを足しちゃうから、調理はあまりせず焼くだけ。以前はいろいろ調理していましたが、いらないことに気づいてきました。基本的には食べたいものを食べて、よく寝るのがモットー。すべてはシンプルなところにあると思います。

 公私ともに輝き続ける身でありながら、永作さんの言葉は、どこか力が抜けていて、無理がない。

【関連記事】

松野有里巳“ribbon仲間”永作博美とLINE交友続ける

永作博美 女の友情、家族、不倫…40代の悩みに「わかる!」

大山のぶ代 28年前から続けていた“夫婦で認知症予防”

この記事が気に入ったら
いいね!/ フォロ− しよう

WEB女性自身の最新の情報をお届けします。

【注目アイテム】
「メスを使わない美容整形」コルギのパワーを自宅で!!
ジェニファー・ロペス、カイリー・ミノーグが「約20歳年下彼氏」を手に入れたワケ!
45歳、奇跡の美乳・原志保さんのボディを作るヒミツのグッズ公開!!
着るだけで、エステの効果がインナーに!!
可愛い47歳! 元CA佐藤亮子さんの大人気トラベルブランド

コラム・連載

もっと見る

女性自身チャンネル

もっと見る

水晶玉子さんが語る「物事が大きく発展する“吉兆日”はこの日!」2018.05.09

3年目を迎えた本誌連載『オリエンタル占星術』が大人気の占い師・水晶玉子さん。'17年末に、『水晶玉子縁結び開運バイブル2018』(光文社刊)を出版した記念として、4月16日、都内の光文社にて、水晶玉子...


ランキング