鈴木拓『まれ』熱演の陰で…毒舌で隠した「実父の胃がん闘病」

投稿日: 2015年06月02日 06:00 JST

関連キーワード

 NHK朝ドラ『まれ』のパティシエ役が好評のドランクドラゴン・鈴木拓(39)。先日、新聞のインタビューで、父親の営む居酒屋が閉店することを持ち前の毒舌でこう明かした。

《どうも味がよくないようです。父親は接客が好きじゃない。嫌いな客が来ると逃げちゃうんですよ。(中略)子供から見ても、経営能力がない》(日経新聞5月19日付夕刊)

 父親の居酒屋は、神奈川県海老名市にある。15年前から夫婦で切り盛りしてきたという。記者が店を訪れると、父・鈴木信雄さん(66)、母・夕美子さん(61)夫妻が、こころよく取材に応じてくれた。「息子は“売り上げが芳しくないから”と言ってますが、じつはお父さんが体調を崩してしまいましてね……」といきなり驚きの真相を語り出したのは、夕美子さんだ。

「去年9月に胃潰瘍になりまして、入院したんです。そのとき吐血もして……。その後も体調が悪かったんですが、今年1月に胃がんが見つかったんです。これから詳しい検査をするところなんですよ」

 父の急病を知った鈴木は、どんな反応だったのか。

「心配して、頻繁に連絡をくれましたよ。入院した時も、駆け付けてくれました。『お父さん大丈夫か?』って。息子が『店を閉めたら?』と心配して言ってきてくれたんです。それで一旦、店を閉める決心がついたんですよ」(夕美子さん)

 信雄さんも、そんな息子についてこう語る。

「息子は優しいんですよ、親思いで。私の体調を気遣って何度もメールしてきてね」

 鈴木が熱演中の朝ドラ『まれ』。後輩に追い越されても頑張るパティシエ役に、“息子の素顔がダブる”と夕美子さんは言う。

「なんか本人に似ているような気がして……。息子に才能があって芸能界にいるとは思っていません。じつは努力家なところが(演じている役と)似ているかなって。あと、どこか抜けているところも(笑)。だから、あの役は“素”で演じていると思っています」

 これから、鈴木を見る目がちょっと変わってしまいそうな両親の告白だった――。

【関連記事】

ドランクドラゴン鈴木 別居7年妻が決めた厳しすぎる掟

家族のいる家では“奴隷”…ドランクドラゴン鈴木の二重生活

ドランクドラゴン コンビで売れる秘策は「個別で仕事」

この記事が気に入ったら
いいね!/ フォロ− しよう

WEB女性自身の最新の情報をお届けします。

【注目アイテム】
「メスを使わない美容整形」コルギのパワーを自宅で!!
ジェニファー・ロペス、カイリー・ミノーグが「約20歳年下彼氏」を手に入れたワケ!
45歳、奇跡の美乳・原志保さんのボディを作るヒミツのグッズ公開!!
着るだけで、エステの効果がインナーに!!
可愛い47歳! 元CA佐藤亮子さんの大人気トラベルブランド

コラム・連載

もっと見る

女性自身チャンネル

もっと見る

水晶玉子さんが語る「物事が大きく発展する“吉兆日”はこの日!」2018.05.09

3年目を迎えた本誌連載『オリエンタル占星術』が大人気の占い師・水晶玉子さん。'17年末に、『水晶玉子縁結び開運バイブル2018』(光文社刊)を出版した記念として、4月16日、都内の光文社にて、水晶玉子...


ランキング