「江戸時代までは」野村萬斎が語る“狂言”が身近になるエピソード

投稿日: 2015年06月11日 11:00 JST

 ’02年に世田谷パブリックシアターの芸術監督就任以来、「古典と現代の融合」「レパートリーの創造」を指針として掲げてきた狂言師・野村萬斎氏(49)。彼に“狂言”が身近になるエピソードを教えてもらった。

《狂言は「このあたりの者でござる」から始まる!》

「狂言でいちばんよく使う自己紹介です。いつの時代でもどこの国でも最初にこう言うんです。狂言はどこにでもいるような人を演じるので“私はあなたと同じ者だと思ってくださいね”と始まるんです。つい先日、父(人間国宝の野村万作)はパリ公演でも言っていました。観客は皆“このあたりの者”ですからね」

《江戸時代までは即興のコントだった!》

「狂言はもともと、あらすじの展開だけ決めておいて、即興的に演じていたコントのようなものだったんです。江戸時代になって、お殿様に見せることになり、『じゃあきちんと決めておかなきゃ』と台本を作った。その台本に沿って何度も演じていったので、古典化が始まり、現代まで続いているんですね」

《狂言は中国の“ものまね芸”が発展したもの》

「中国の雑技。いわゆるサーカス的な見世物芸の中のものまね芸が発展したといわれているんですよ。当時は誰もが知っている有名人といってもあまりいないので、どこにでもいそうな人をまねしたんです。“このあたりの者“なので、そんなに着飾らなくてもいいという発想なんですよね」

【関連記事】

片岡愛之助が解説「歌舞伎の魅力を知る5つ基礎知識」

野村萬斎 のぼうの城「百聞は一見にしかず。とにかく見にきてほしい」

野村萬斎 「久々に日本が世界に誇れる映画」国際映画祭に自信

この記事が気に入ったら
いいね!/ フォロ− しよう

WEB女性自身の最新の情報をお届けします。

関連キーワード

【注目アイテム】
「メスを使わない美容整形」コルギのパワーを自宅で!!
ジェニファー・ロペス、カイリー・ミノーグが「約20歳年下彼氏」を手に入れたワケ!
45歳、奇跡の美乳・原志保さんのボディを作るヒミツのグッズ公開!!
着るだけで、エステの効果がインナーに!!
可愛い47歳! 元CA佐藤亮子さんの大人気トラベルブランド

コラム・連載

もっと見る

女性自身チャンネル

もっと見る

水晶玉子さんが語る「物事が大きく発展する“吉兆日”はこの日!」2018.05.09

3年目を迎えた本誌連載『オリエンタル占星術』が大人気の占い師・水晶玉子さん。'17年末に、『水晶玉子縁結び開運バイブル2018』(光文社刊)を出版した記念として、4月16日、都内の光文社にて、水晶玉子...


ランキング