野村萬斎“狂言こそが武器”と気づいた青春時代の経験

投稿日: 2015年06月11日 11:00 JST

関連キーワード

《中山秀征の語り合いたい人》、今回は’02年に世田谷パブリックシアターの芸術監督就任以来、「古典と現代の融合」「レパートリーの創造」を指針として掲げてきた狂言師・野村萬斎さん(49)。青春時代の経験を語った。

中山「学生時代はバスケットボールやバンドなどもやっていたんですよね?お家柄上、継がないといけないということもありながら、『エレキギターで生きていくんだ!』みたいなことはなかったんですか?」

野村「そりゃ思ってましたよ!狂言をやっているより、ロックをやっていたほうがモテるじゃないですか(笑)。僕はそこまで意識していなかったんですけど、妹は『モテたいこと、片っ端からやってたよね』と分析していましたね。サーフィンがはやったときには、すぐ手をつけましたしね。中学のときはビートルズ、高校のときはヘビーメタルをやってましたよ」

中山「ヘビーメタルは意外ですね!(笑) あまり知られていない一面ですね」

野村「そういう自分の過激さが、いろんな意味で挑戦するファイトになっている気はします。ただ、マイケル・ジャクソンのような世界一のエンターティナーを見たときに『俺の指の回らないギターではかなわない』と身の丈に気付くんです。僕が彼らに対抗できることは、やっぱり狂言なんですよね、僕が表現者として彼らの猿まねをするよりも、狂言こそが僕の武器だって気付いたんですね」

中山「17歳のときには、黒澤明監督の『乱』にも出演されていますよね?」

野村「狂言をやっていたからこそ、世界の黒澤映画に出られた。これは大きな節目でした。それまでは伝統を押し付けられていた気がしていたんです。型をまねるだけなので、表現者だという認識が持てなかったんですね。でも、僕の技能は狂言で、大志を抱けば、世界に通用する表現者になれるのだと、高校生のときに自己認識が持てたんですね」

【関連記事】

「英語は大阪のオバチャンの表現力に学べ」の理由

お笑い事務所の講師が明かす「売れる芸人」「消える芸人」の境界線

NHK教育の新番組『にっぽんの芸能』番組発表会

この記事が気に入ったら
いいね!/ フォロ− しよう

WEB女性自身の最新の情報をお届けします。

【注目アイテム】
「メスを使わない美容整形」コルギのパワーを自宅で!!
ジェニファー・ロペス、カイリー・ミノーグが「約20歳年下彼氏」を手に入れたワケ!
45歳、奇跡の美乳・原志保さんのボディを作るヒミツのグッズ公開!!
着るだけで、エステの効果がインナーに!!
可愛い47歳! 元CA佐藤亮子さんの大人気トラベルブランド

コラム・連載

もっと見る

女性自身チャンネル

もっと見る

水晶玉子さんが語る「物事が大きく発展する“吉兆日”はこの日!」2018.05.09

3年目を迎えた本誌連載『オリエンタル占星術』が大人気の占い師・水晶玉子さん。'17年末に、『水晶玉子縁結び開運バイブル2018』(光文社刊)を出版した記念として、4月16日、都内の光文社にて、水晶玉子...


ランキング