ミュージカル俳優として高評価 城田優にとっての音楽

投稿日: 2015年09月12日 06:00 JST

「このドラマを通して、視聴者、とくに若い世代の人たちが、音楽の魅力や歌うことの素晴らしさを知ってほしい。さらに言えば、あの『表参道高校合唱部!』を見て、音楽の道を志しました!っていうような人が、将来出てきてくれたらいいな、と。そういう思いで作っています」

 そう語るのは、ドラマ『表参道高校合唱部!』(TBS系)で、合唱部の顧問・鈴木有明を演じている城田優(29)。8月末に終演したミュージカル『エリザベート』のトート役など、ミュージカルスターとしても活躍している。そんな彼にとって、“音楽が持つ力”をテーマに描かれる今作への思い入れはひとしお。自身のアーティストとしての原点を思い起こさせるという。

「僕自身、音楽が大好きで、音楽に携わる仕事をしている人間として、いつか、音楽の物語をやりたいと思っていたんです。というのも、子供のころ、『天使にラブ・ソングを…』が大好きで、カッコイイ!って。あのハーモニーを聴くたびに鳥肌が立って、涙を流しました。音楽の可能性を感じられたし、音楽を通して人が成長していくさまにすごく感動して、影響を受けました」

 撮影現場では、主演の芳根京子ら若手俳優陣に、歌のアドバイスをしていると聞いたが。

「アカペラで歌うシーンで、『アイコンタクトがあったほうがいいよ』って、その程度なんですけど。指揮もないなかで、お互いの顔を見ずに歌い出すのは不自然だよ、と」

 また、自身の美声も披露するが、なかでも、合唱部の副顧問を演じる神田紗也加とのハーモニーは、まさに圧巻。

「じつは、2人とも全然、本気出してないんですよ(笑)。あの場面は、酔っぱらったテンションで、公園で歌を歌おうぜ!という流れだったから。神田さんとも楽しく歌おう、って。ミュージカルのときのように、真面目に歌い上げちゃってもね(笑)」

 最後にあなたにとって音楽とは?

「24時間、どんなときも、頭の中にありますね。ゲームをやってても、映画を見ても、音楽って、絶対流れる。それに、歌詞がついて歌になると、音楽として訴えるメッセージがさらに強くなると思う。そういう意味でも、音楽は最強のエンタテインメントですね」

【関連記事】

松平健 俳優志望の長男のため…“風吹ジュン似”新妻の奮闘

瑛太、小栗、松田龍平…ムロツヨシの周囲に俳優が集う理由
岡田准一、堺雅人、西島秀俊 気になる男優のテレビ出演料は

この記事が気に入ったら
いいね!/ フォロ− しよう

WEB女性自身の最新の情報をお届けします。

【注目アイテム】
「メスを使わない美容整形」コルギのパワーを自宅で!!
ジェニファー・ロペス、カイリー・ミノーグが「約20歳年下彼氏」を手に入れたワケ!
45歳、奇跡の美乳・原志保さんのボディを作るヒミツのグッズ公開!!
着るだけで、エステの効果がインナーに!!
可愛い47歳! 元CA佐藤亮子さんの大人気トラベルブランド

コラム・連載

もっと見る

女性自身チャンネル

もっと見る

3分で種明かし!手の灰が移動する仰天ハロウィンマジック2017.10.31

「ハロウィンでどんな仮装をしてまわりのみんなを驚かせようか」と考えているあなた!マジックを使って、さらに驚かせてみてはいかが?当日までに仰天のハロウィンマジックを覚えて、ワンランク上の夜を楽しもう! ...


ランキング