川島なお美さん 急逝直前「夫をよろしく…」と病床からメール

投稿日: 2015年09月29日 00:00 JST

関連キーワード

 9月24日19時55分。東京都内の病院で川島なお美さん(享年54)が、肝内胆管がんのため逝去した。病状を明かさず弱みをけっして人に見せなかった川島さんが唯一甘えることができたのは、6年前の’09年に結婚した夫・鎧塚俊彦さん(49)だった。

「鎧塚さんが最近フェイスブックに『暫くの間いつもより少し女房と一緒にいる時間を長く取らせて頂く所存であります』と書き込んでいるのを見て、心配していました。川島さんのがんが発覚してから2年になりますが、そんな言葉を彼が発したのは初めてのことでしたから。川島さんと過ごせる時間が残り少なくなっていることを感じていたのでしょう」(鎧塚さんの知人)

川島さんと親しかった仕事関係者は言う。

「私が最後に川島さんとメールのやり取りをしたのは9月15日ごろでした。そのとき鎧塚さんの誕生日にサプライズパーティを開催する話をしたのです。会場も何軒も回って試食したり、出しものも大きな仕掛けを考えていたようです。『くどいようだけど絶対(鎧塚には)ナイショにしてね。サプライズにしたいから』と念をおされました」 

 自分を支えてくれている夫を喜ばせるために、いろいろな計画を練っていたという川島さん。本誌が川島さんを取材したときにも、鎧塚さんへの感謝の気持ちを隠さなかった。

「彼はあまりたくさん語る人じゃないけれど、『いっしょにがんばろうな』ってポツリと言ってくれたり……。そんな一言が女にはとっても嬉しいですよね。鎧塚家は私たち2人きりだけだし、いつまでも彼といっしょにいたいです」

 だが、その夫を置いて先に旅立たなくてはいけないことを悟った川島さんは、友人たちにこんなメールを送っていたのだ。

《鎧塚のことを、どうかよろしくお願いします》

 それは亡くなる直前のことだったという。

【関連記事】

川島なお美が語る“3Dなし”の相手と結婚できた理由

川島なお美 パティシエ夫の左目回復願う”愛の酵素レシピ”

川島なお美 5年生存率50%…闘病支える「がん友」女優

この記事が気に入ったら
いいね!/ フォロ− しよう

WEB女性自身の最新の情報をお届けします。

【注目アイテム】
「メスを使わない美容整形」コルギのパワーを自宅で!!
ジェニファー・ロペス、カイリー・ミノーグが「約20歳年下彼氏」を手に入れたワケ!
45歳、奇跡の美乳・原志保さんのボディを作るヒミツのグッズ公開!!
着るだけで、エステの効果がインナーに!!
可愛い47歳! 元CA佐藤亮子さんの大人気トラベルブランド

コラム・連載

もっと見る

女性自身チャンネル

もっと見る

水晶玉子さんが語る「物事が大きく発展する“吉兆日”はこの日!」2018.05.09

3年目を迎えた本誌連載『オリエンタル占星術』が大人気の占い師・水晶玉子さん。'17年末に、『水晶玉子縁結び開運バイブル2018』(光文社刊)を出版した記念として、4月16日、都内の光文社にて、水晶玉子...


ランキング