志村けん「孫の顔が見たい」亡き母が続けていた婚活奔走

投稿日: 2015年12月03日 06:00 JST

image

数えきれないほどのタレントたちの供花に囲まれ、写真のなかの志村和子さん(享年96)は微笑んでいた。志村けん(65)の母・和子さんが亡くなったのは11月23日。志村の故郷・東京都東村山市で26日に通夜、27日に葬儀・告別式が営まれた。“いちばんのファン”でいてくれた和子さんの遺体が実家に戻ってきたとき、志村は呆然としていたという。

 

「横たわっているお母さんの横で、『寂しいなあ』とつぶやきながら焼酎を1人で飲み続けていたそうです」(志村家と親交のある主婦)

26日の通夜で、志村はこう語った。

 

「(母には)基本的には『ありがとう』しか言うことはないですね。僕を産んでくれたことに『ありがとう』しかない……。お正月に(実家に)帰るたびに『(いい人は)いないのかい? 誰か』といつも言っていました。おふくろは『孫の顔見るまでは死なない』って言ってたんですけれど、僕はこのへんが本当に下手なもんでね。それだけはちょっと残念です」

 

‘02年、本誌『シリーズ人間』のインタビューに和子さんは、こう語っていた。

 

「孫は4人いるけど、やっぱりけんちゃんの孫を見たいですよねぇ……。カラオケの持ち歌は『二輪草』と『祝い時雨』で、けんちゃんの結婚式にそれを歌うつもりなのに、なかなか結婚してくれないのよね」

 

そして女性記者に、微笑みながらこう言ったのだ。

「けんちゃんと、いっしょになって……」

その言葉は和子さんなりのユーモアだったのかもしれないが、志村家の別の知人は言う。

 

「『康徳(志村の本名)の結婚相手に、いい人いないかねぇ』は和子さんの口癖で、それは数年前に腰を痛めて、歩くのが不自由になってからも変わりませんでした」

 

晩年は車椅子生活だった和子さん、それでも婚活は続けていたのだ。最後まで自分を心配してくれた母に通夜で志村はこんな言葉も漏らした。

 

「(天国の)いちばん特等席で、僕のことを見ているんじゃないですか。いちばんそばで……」

【関連記事】

志村けん 『ロラックスおじさん』下ネタなくて「寂しかった」

志村けん 初挑戦してみたいことは「子作りですかね」

志村けんが語る恋愛事情「竜ちゃんが原因で別れたよ」

この記事が気に入ったら
いいね!/ フォロ− しよう

WEB女性自身の最新の情報をお届けします。

関連キーワード

【注目アイテム】
「メスを使わない美容整形」コルギのパワーを自宅で!!
ジェニファー・ロペス、カイリー・ミノーグが「約20歳年下彼氏」を手に入れたワケ!
45歳、奇跡の美乳・原志保さんのボディを作るヒミツのグッズ公開!!
着るだけで、エステの効果がインナーに!!
可愛い47歳! 元CA佐藤亮子さんの大人気トラベルブランド

コラム・連載

もっと見る

女性自身チャンネル

もっと見る

水晶玉子さんが語る「物事が大きく発展する“吉兆日”はこの日!」2018.05.09

3年目を迎えた本誌連載『オリエンタル占星術』が大人気の占い師・水晶玉子さん。'17年末に、『水晶玉子縁結び開運バイブル2018』(光文社刊)を出版した記念として、4月16日、都内の光文社にて、水晶玉子...


ランキング