百恵さん“理想の夫婦”の原点築いた師匠の言葉が深い

投稿日: 2016年02月03日 06:00 JST

image

1月27日まで『国際キルトフェスティバル』が東京ドームで開催された。三浦百恵さん(57)は、今年も『静寂と薔薇』などの作品を出展している。百恵さんのキルト仲間は、この作品にはもうひとつの思いが込められていると語る。

 

「薔薇の花言葉は“あなたを愛しています”ですね。28日は夫である三浦友和さん(64)の誕生日。友和さんへのメッセージを込めた、百恵さんの愛のこもったバースデープレゼント作品なんです」

結婚36年目に突入し、“理想の夫婦”ランキングに10年連続1位に輝いている三浦夫妻。そんな理想の夫婦生活の原点を作ったのは、百恵さんのキルトの師匠からの“至言”だった。

 

「彼女にキルトの先生だった鷲沢玲子さんは、初めてのキルトに戸惑う百恵さんにこんな言葉をかけたんです。『キルト作品は一縫い一縫いを地道に重ねていくもの。一分一秒の積み重ねが大事なのは、家庭生活も一緒ですよ』と。先生のそんな言葉にいたく感激した百恵さんは、それこそキルトを作るように小さな愛を友和さんに積み重ねていったんです。師匠の言葉が、今の夫婦愛をかたち作っていったのでしょう」(前出・キルト仲間)

 

25日、キルト展のトークショーを開いた鷲沢さん。“愛弟子”の百恵さんについてこう口を開いた。

 

「20年以上前、三浦さんが『先生のお得意な真っ白なキルト作品を、いつか私も作ってみたいんです』とおっしゃったんです。“いつか”とおっしゃったので、じゃあ“今”なさったらとすすめると『何年かけてもがんばります』と決意されて。当時はキルトをはじめて4、5年で、2人のお子さんはまだ小学校低学年のころ。子育ても大変だったのに、4年かけて大作をつくりあげてしまったんです。」(鷲沢玲子さん)

 

その大作は『1995 冬のブーケ』と題され、213cm×198cmの真っ白なキルト作品に仕上がっていた。展示されていたブースの名は『師弟のきずな』。

 

「師匠に一生ついていこうと決めた百恵さんを見て、友和さんも『見習わなくっちゃね』と語りかけていたそうですよ」(前出・キルト仲間)

 

愛に満ちた長年の夫婦生活も、こつこつ作り上げてきた“大作”だった――。

【関連記事】

百恵さん 宇津井健さんから学んだ“理想の夫婦のあり方”

百恵さん 友和と35年目結婚記念日もデパ地下で肩寄せあう仲

百恵さん 独占公開!「結婚30周年」守り続けた“夫婦の誓い”

この記事が気に入ったら
いいね!/ フォロ− しよう

WEB女性自身の最新の情報をお届けします。

【注目アイテム】
「メスを使わない美容整形」コルギのパワーを自宅で!!
ジェニファー・ロペス、カイリー・ミノーグが「約20歳年下彼氏」を手に入れたワケ!
45歳、奇跡の美乳・原志保さんのボディを作るヒミツのグッズ公開!!
着るだけで、エステの効果がインナーに!!
可愛い47歳! 元CA佐藤亮子さんの大人気トラベルブランド

コラム・連載

もっと見る

女性自身チャンネル

もっと見る

水晶玉子さんが語る「物事が大きく発展する“吉兆日”はこの日!」2018.05.09

3年目を迎えた本誌連載『オリエンタル占星術』が大人気の占い師・水晶玉子さん。'17年末に、『水晶玉子縁結び開運バイブル2018』(光文社刊)を出版した記念として、4月16日、都内の光文社にて、水晶玉子...


ランキング