清原和博の父が激やせ 近所へ謝罪、こだわりの電器店も閉店

投稿日: 2016年03月31日 06:00 JST

image
(写真・AFLO)

覚せい剤取締法違反から44日ぶりに保釈され、千葉県松戸市内の病院で入院していた清原和博被告(48)。その後ひそかに退院し、都内近郊の医療施設で療養していると報じられている。そんな彼をもっとも心配しているのは、身元引受人の役目を引き受けたと報じられた父・洋文さん(78)だろう。

 

「かつて“球界の番長”としてもてはやされた清原さんですが、身元引受人探しは思いのほか難航しました。妻とは離婚し、弟とも絶縁状態。母親も病気を患っているため、結局、父親しか引き受け手がなかったということでしょう」(社会部記者)

 

今回、本誌記者は大阪府岸和田市内にある実家を訪れた。洋文さんはここで電器店を営んでいたが、シャッターは閉まったままだった。

 

この電器店は、洋文さんが強い信念で続けてきたものだった。プロ入りした清原が「もう働かなくていい」と隠居を勧めた際も、「俺はお前とは違う」と断ったほど。そんなこだわりの店が、逮捕によって閉店状態を余儀なくされていたのだ。近所の住人は、洋文さんの様子をこう語る。

 

「先日バッタリお会いしたのですが、ひと目でわかるほどすごくやせてしまっていました。もともと体調がよくなかったと聞いていましたが、これ以上何かあったら体がもたないのではと思うほど。お父さんは『この度はお騒がせしてしまって……』と、とても申し訳なさそうに頭を下げていきました」

 

以前は子供たちの通学を見守る「学童養護員」をボランティアで務めていたという洋文さん。周囲への気遣いにあふれ気丈だったその姿は、すっかり変わってしまっていたという。前出の近所の住民はこう続ける。

 

「お父さんはただでさえ前から体調を崩しがちだったのに、『あれ以来、心身ともに疲れきっているんです』というようなことをおっしゃっていました。私には、かけてあげる言葉が何も見つかりませんでした……」

 

この日、自宅のある電器店の2階は夜遅くなっても明かりが消えたままだった。翻弄される家族に対し、清原被告はどんな言葉をかけるのだろうか――。

【関連記事】

清原和博 離婚へ!妻が語った「弁護士への財産分与相談」一部始終

清原和博 逮捕前にあった元妻・亜希さんとの8300万円銭闘

タニマチが証言「清原和博が私に送ったシャブメール」の中身

この記事が気に入ったら
いいね!/ フォロ− しよう

WEB女性自身の最新の情報をお届けします。

【注目アイテム】
「メスを使わない美容整形」コルギのパワーを自宅で!!
ジェニファー・ロペス、カイリー・ミノーグが「約20歳年下彼氏」を手に入れたワケ!
45歳、奇跡の美乳・原志保さんのボディを作るヒミツのグッズ公開!!
着るだけで、エステの効果がインナーに!!
可愛い47歳! 元CA佐藤亮子さんの大人気トラベルブランド

コラム・連載

もっと見る

女性自身チャンネル

もっと見る

水晶玉子さんが語る「物事が大きく発展する“吉兆日”はこの日!」2018.05.09

3年目を迎えた本誌連載『オリエンタル占星術』が大人気の占い師・水晶玉子さん。'17年末に、『水晶玉子縁結び開運バイブル2018』(光文社刊)を出版した記念として、4月16日、都内の光文社にて、水晶玉子...


ランキング