及川光博「僕は”福山雅治”の今ひとつパッとしない版」

投稿日: 2016年04月25日 06:00 JST

関連キーワード

image

「こういうキャラクターで、何歳までいけるんだろうって、考え中なんです。40代半ばにきて、おもしろおかしく、かつ美しい世界観を打ち出している。50代が見えてきて、ここからさらにふりきるか、それともダンディにいくか。ダンディの路線も悪くはないと思うんです。でも、僕のなかの“ミッチー魂”が、50代もやっぱりキラキラしたくて。不思議なおじさんになっていきそうですね(笑)」

 

こう語るのは、ドラマ『スミカスミレ』(テレビ朝日系)や映画『僕だけがいない街』など、俳優として独特の個性を放つ及川光博(46)。NHKの連続テレビ小説『とと姉ちゃん』の撮影も始まるなか、ニューアルバム『パンチドランク・ラヴ』を引っさげ、ワンマンショーツアーをスタートさせた。

 

「テーマは、胸キュンですよ!女性が笑顔でいられる世界が好きなんです。世の中、世知辛いし、生きるのってつらい。そんなのはもう当たり前。だからこそキラキラしましょう!と。女性のみなさんには、まずオシャレをして外出するという気持ちを大事にしてほしい。服を選んで、鏡の前で1回クルッと回ってみたり、そういうことが大切なんです。ステキな出会いはないかしら?って待っていても、そうないですからね(笑)。ライブは、ミッチーに会うためというよりも、あなたが輝いてほしい」

 

エンタティナーとして成熟期を迎えた今、大切にしていきたいこととは?

 

「作品を完成させること、そして、それを多くの人に楽しんでもらうことです。そういう目的の前では、音楽も芝居も一致していて。“福山雅治のいまひとつパッとしない版”と思ってもらえればいいですよ(笑)。自分の濃度を薄めてまでも人気を取ろうとしないし、ブームにもなりたくない。僕自身の美意識にウソをつかず、年を重ねていけたらいいなって思っています」

【関連記事】

水谷豊、美輪明宏……及川光博が先輩たちから学んだこと

及川光博デビュー時を振り返る「王子キャラを利用されて…」

水谷豊 「及川光博は“相棒”失格だね――」

この記事が気に入ったら
いいね!/ フォロ− しよう

WEB女性自身の最新の情報をお届けします。

【注目アイテム】
「メスを使わない美容整形」コルギのパワーを自宅で!!
ジェニファー・ロペス、カイリー・ミノーグが「約20歳年下彼氏」を手に入れたワケ!
45歳、奇跡の美乳・原志保さんのボディを作るヒミツのグッズ公開!!
着るだけで、エステの効果がインナーに!!
可愛い47歳! 元CA佐藤亮子さんの大人気トラベルブランド

コラム・連載

もっと見る

女性自身チャンネル

もっと見る

“韓国で最も有名な日本人”KangNam「日本と韓国の架け橋に!」2018.04.17

今回のK☆STAR LOVERSのゲストは、“韓国で最も有名な日本人”として日本のバラエティ番組でも活躍する歌手KangNam(カンナム・31)。 この日は、ネプチューンの名倉潤と、河本準一(次長課...


ランキング