井浦新『コントレール』シャワーシーンは「力入れてます」

投稿日: 2016年05月20日 06:00 JST

関連キーワード

image

「家族のいない時間に1人でドキドキしながら見ています」−−『女性自身』読者世代が忘れかけていた恋心にひそかに火をともすドラマ、それが『コントレール〜罪と恋〜』(NHK・金曜22時〜)。

 

無差別殺人事件で夫を失った文(石田ゆり子)。事件から6年後、切り盛りするドライブイン『コントレール』で出会った暸司は、決して愛することを許されない、夫をあやめた男だった……という、大石静が描く大人の女のラブストーリーだ。

 

文が、運命的に出会ってしまったトラックドライバーの暸司。トラウマを抱え、すべてを捨てた、この元弁護士を好演するのが井浦新(41)。

 

《海で1人泣いているときに来てくれる井浦新、1人ください》《一家に1人、井浦新欲しい》と、40代女性が「理想の恋愛相手」として熱視線を送っている。本誌は、そんな井浦を徹底解剖するため、ドラマの撮影現場を直撃。暸司がいつも着ているネイビーのシャツ姿で彼は現れた。

 

「夢を失った暸司が、女性に夢を与えているというのは興味深いです。どう皆さんの心に響いているのでしょうか」(井浦・以下同)

 

愛してはいけない女性を愛してしまった暸司の切ない表情に世の女性たちは胸キュン。暸司のシャワーシーンを楽しみにする女性も多い。

 

「勝手にしてください(笑)。と言いつつ僕も、シャワーシーンは力を入れて撮っていました。でも間違えてはいけないのは、僕と暸司はまったく違うということ。僕が家にいたら大変ですよ」

 

本人いわく素顔はとても“活発”なんだとか。だがこの活発さは生まれながらのものではないと言う。

 

「子どものころはあまり言いたいことも言わず、静かで寡黙。暸司のような存在でした」

 

それが大きく変化したのは役者の仕事を始めたとき。

 

「多くの人が意見を言いながら“ものづくり”をしている現場に触れたんです。『このままじゃいけない』と思いました。自分に正直になり意見を伝え、そして“ちゃんと争う”ことで、たとえネガティブなものが出たとしても、ぶつかった後に生まれてくるものがある。それが“ものづくり”に真摯に向き合うことになると思ったんです」

 

“ものづくり”に予定調和は不要。それからは“自分の心に正直に”をモットーに生きるようになった。

 

「だから問題を起こすこともあります。周りからすると僕はきっと“面倒くさい”存在。マネージャーも、『そこでそのひと言、いらないよ』と、いつも感じているはず。夢中になる子どもの純粋さが無意識に出てしまう『とっつぁん坊や』なんですよ(笑)」

【関連記事】

瑛太、小栗、松田龍平…ムロツヨシの周囲に俳優が集う理由

『真田丸』の脇役光る背景に“三谷幸喜の俳優への愛情”

猫好き俳優・内藤剛 名優猫との共演にデレデレメロメロ

この記事が気に入ったら
いいね!/ フォロ− しよう

WEB女性自身の最新の情報をお届けします。

【注目アイテム】
「メスを使わない美容整形」コルギのパワーを自宅で!!
ジェニファー・ロペス、カイリー・ミノーグが「約20歳年下彼氏」を手に入れたワケ!
45歳、奇跡の美乳・原志保さんのボディを作るヒミツのグッズ公開!!
着るだけで、エステの効果がインナーに!!
可愛い47歳! 元CA佐藤亮子さんの大人気トラベルブランド

コラム・連載

もっと見る

女性自身チャンネル

もっと見る

水晶玉子さんが語る「物事が大きく発展する“吉兆日”はこの日!」2018.05.09

3年目を迎えた本誌連載『オリエンタル占星術』が大人気の占い師・水晶玉子さん。'17年末に、『水晶玉子縁結び開運バイブル2018』(光文社刊)を出版した記念として、4月16日、都内の光文社にて、水晶玉子...


ランキング