竜星涼“読んではいけない漫画”映画化で無残な姿に

投稿日: 2016年05月20日 06:00 JST

image

「今まで自分が演じてきた役をふり返ってみると、こういう役を演じることは想像もつかなかったので、ある意味、自分に挑戦状をたたきつけられた気がしてすごくありがたかったです。いいきっかけをもらったなと。タブーな世界観を映画として世に出すという挑戦もおもしろいと思いました」

 

そう話すのは、これまで正義の味方、お人よしの高校生など強くてさわやかな役を演じることが多かった竜星涼(23)。そんな彼が主演映画「シマウマ」(5月21日より全国ロードショー)では、アウトローな役に挑戦している。仲間たちと手を組み美人局で稼ぐ、ダークサイドにいる男、竜夫という人物だ。

 

「アップのときの僕は血だらけですからね。ホラー映画やゾンビ映画を撮っているんだっけ?と錯覚してしまいそうになるくらいでした。顔が腫れているのは1時間以上かけて特殊なメークを。その自分の姿を見て、けっこう嫌いじゃないと」

 

原作は同名タイトルの人気漫画。流血シーンなど過激なバイオレンス描写が続き、“絶対に読んではいけない漫画”とまで言われている。そんな作品だけに、目をそむけたくなる描写や、せっかくのイケメンが無残な姿に……という状態でスクリーンに映ることも。

 

「これまでは自分が主体となって相手を倒すことが多かったのですが、今回は、自分が倒されることが多かったので、倒される美学というものも知ることができて、すごく楽しかったです。血だらけで顔を腫らし、弱りながらも這いつくばっていくというそのさまが、倒される美学かなと。そこがかっこいいなと思いました」

 

経験したことのない役柄へ前向きな姿勢で挑んだ様子がうかがえる。さわやかにほほ笑む竜星が映画で見せた、危険な姿。その新しい一面をぜひ映画で確認してほしい。

【関連記事】

「レリゴーしてないで…」戦隊ヒーローがアナ雪に宣戦布告

『進撃の巨人』作者「漫画家の夢は隠してました」

ツイッターで大人気『猫漫画日記』作者は「実は犬派です」

この記事が気に入ったら
いいね!/ フォロ− しよう

WEB女性自身の最新の情報をお届けします。

【注目アイテム】
「メスを使わない美容整形」コルギのパワーを自宅で!!
ジェニファー・ロペス、カイリー・ミノーグが「約20歳年下彼氏」を手に入れたワケ!
45歳、奇跡の美乳・原志保さんのボディを作るヒミツのグッズ公開!!
着るだけで、エステの効果がインナーに!!
可愛い47歳! 元CA佐藤亮子さんの大人気トラベルブランド

コラム・連載

もっと見る

女性自身チャンネル

もっと見る

水晶玉子さんが語る「物事が大きく発展する“吉兆日”はこの日!」2018.05.09

3年目を迎えた本誌連載『オリエンタル占星術』が大人気の占い師・水晶玉子さん。'17年末に、『水晶玉子縁結び開運バイブル2018』(光文社刊)を出版した記念として、4月16日、都内の光文社にて、水晶玉子...


ランキング