森英恵さんが明かす『とと姉ちゃん』モデル女性との友情秘話

投稿日: 2016年05月28日 06:00 JST

image

「鎭子さんは、晩年になってからも、私のファッションショーにいらしてくださっていました。鎭子さんは、用事を“電話ですませる”ことはしません。どんなに忙しくても必ず会って、顔を見ながら話しましょうという方でした。まあ、話の内容は、最近面白い人に会ったとか、たわいもない世間話ばかり(笑)」

 

東京の六本木が一望できるオフィスビルの一室で、ファッションデザイナーの森英恵さん(90)が、’13年に93歳で亡くなった大橋鎭子さんとの思い出を語った。

 

“家族のために”と自ら会社を起こし、雑誌『暮しの手帖』を創刊した大橋さんの人生は、NHKの連続テレビ小説『とと姉ちゃん』のモチーフ。放送中のドラマでは、妹の大学進学の夢をかなえるため、“男の人のように”お金を稼ごうとビジネスに目覚めるヒロインが描かれる。

 

「今回の朝ドラは見ています。主人公の常子が『自分のことよりも家族のために』と奮闘する姿は、私の知っている鎭子さんに、よく似ていると思いますよ」

 

森さんと鎭子さんが出会ったのは50年ほど前。毎日新聞の記者だった増田れい子さんの紹介だった。

 

「背が高い増田さんとは対照的に小柄な人でしたね。鎭子さんは“敏腕編集者”だと聞いていたので、どんな気難しい人かと思っていたら、とても恥ずかしがり屋のおとなしい方でした(笑)。その日は終始、アトリエで私の仕事ぶりを、遠くから静かに見ていましたが、そのまなざしからは、とてもインテリジェンスがにじみ出ていたように思います」

 

そんな希代の女性実業家2人が出会って数年後、一緒に記事を作る機会を得た。森さんが『暮しの手帖』(’69年・2世紀2号)の、著名人の愛用品を紹介する企画に登場したのだ。

 

「当時はまだ珍しかったホットプレートを紹介しました。コーヒーの保温や、器を温めるために使っていたのですが、実はコレ、今も毎朝使っているんです(笑)」

 

森さんは今も現役デザイナー。鎭子さんも亡くなる9カ月前まで、「面白い企画ない?」と言いながら毎日のように出社していた。そのパワーの源は何なのだろう?

 

「鎭子さんとは、表参道のハナエモリビルの5階にあったフランス料理のレストランでよく食事をしていました。鎭子さんはホントによく食べる人で、70歳を過ぎてもステーキが大好きでしたね。一緒にいると、お互い素の自分で“おしゃべり”ができました。まだまだ話し足りませんが、もうお会いできないのが残念です」

【関連記事】

「とと姉ちゃん」相楽樹 朝ドラ2回落選の苦渋支えた母の言葉

亡き父・竹蔵の手紙が…3分で分かる「とと姉ちゃん」まとめ【第6週】

『とと姉ちゃん』脚本家に「年収80万円」崖っぷち芸人の過去

この記事が気に入ったら
いいね!/ フォロ− しよう

WEB女性自身の最新の情報をお届けします。

関連キーワード

【注目アイテム】
「メスを使わない美容整形」コルギのパワーを自宅で!!
ジェニファー・ロペス、カイリー・ミノーグが「約20歳年下彼氏」を手に入れたワケ!
45歳、奇跡の美乳・原志保さんのボディを作るヒミツのグッズ公開!!
着るだけで、エステの効果がインナーに!!
可愛い47歳! 元CA佐藤亮子さんの大人気トラベルブランド

コラム・連載

もっと見る

女性自身チャンネル

もっと見る

水晶玉子さんが語る「物事が大きく発展する“吉兆日”はこの日!」2018.05.09

3年目を迎えた本誌連載『オリエンタル占星術』が大人気の占い師・水晶玉子さん。'17年末に、『水晶玉子縁結び開運バイブル2018』(光文社刊)を出版した記念として、4月16日、都内の光文社にて、水晶玉子...


ランキング