大山のぶ代が老人ホームへ 夫語る「離れてわかった妻への愛」

投稿日: 2016年06月17日 06:00 JST

image

「彼女を老人ホームに入れて1カ月。僕が会いに行くと、顔を見た瞬間、彼女はね、泣き出して、両手を出してくるんですよ。だからね、嫌なのを我慢してるのかな、可哀想だなって思ってたんだけどね……」

 

妻の大山のぶ代(82)を老人ホームに入居させたことを明かした、砂川啓介(79)。大山のいまの様子は――。本誌の取材に、砂川が口を開いてくれた。

 

入居のきっかけは、大山を介護してきた砂川に尿管がんが発覚したことだった。

 

「僕は入院して抗がん剤治療に入ったんですが、最初は身体が激しく痛んでね。でも数日して痛みが治まると、“カミさんはホームでうまくやっているだろうか”と心配になってきて。マネージャーに見に行ってもらったんですよ。そうしたら意外や意外、水が合ったのか、彼女は怒ったりすることもなく、元気でやっているというんです。フラワーアレンジメントやちぎり絵、音楽療法でみんな一緒に歌ったりと、いろんなレクリエーションがあって、それを喜んでやっていると聞いてホッとしました」

 

大山はホームに入ってから、体調もよくなってきたそうだ。

 

「体重も2~3キロ増えたみたい(笑)。いつもスタッフがついててくれて、体を動かすことも手伝ってくれる。それがよかったんじゃないかな。いまは本当に楽しそうでね。ホームに預けて、よかったなと思ってます。僕の病室にも、ホームから3回ほど彼女が見舞いに来てくれたんですよ。マネージャーに連れられて来て、僕の病室に入るとやっぱり泣き出す。最初は『大変でしょ、あなたもかわいそう』なんて言ってくれるんだけど、やっぱり30分も続かないんだ。その間に、どうして僕が入院してるのかを忘れちゃう。記憶がそれ以上、続かないんです」

 

3週間抗がん剤治療を受けた砂川は、一時退院。以降も治療のため入退院を繰り返しながら、現在に至っている。

 

「いま自宅にひとりでいると、すごく寂しいですよ……。彼女への愛しさをものすごく感じるようになりました。食べてくれる人がいないから、メシを作る気もしません。だから毎日、簡単なものや店屋ものばかり。それを食べ終わって、さあ寝ようというときに、ふと『あいつ、いまどうしているんだろう?』と考えると、自然に涙があふれてきてね。これがやっぱり愛なんでしょうね。この歳になって愛だなんて恥ずかしいんだけど(苦笑)。そんなときは余計、そばにいてやりたいって気持ちが強くなるんです」

 

離れてみて改めて、妻への愛をしみじみと実感したという砂川だった――。

【関連記事】

ジャイアンの口癖「バーロー」を生んだ、大山のぶ代の声優魂

大山のぶ代さん 夫が毎日作る“認知症改善メニュー”
大山のぶ代 28年前から続けていた“夫婦で認知症予防”

この記事が気に入ったら
いいね!/ フォロ− しよう

WEB女性自身の最新の情報をお届けします。

あなたにオススメ

【注目アイテム】
「メスを使わない美容整形」コルギのパワーを自宅で!!
ジェニファー・ロペス、カイリー・ミノーグが「約20歳年下彼氏」を手に入れたワケ!
45歳、奇跡の美乳・原志保さんのボディを作るヒミツのグッズ公開!!
着るだけで、エステの効果がインナーに!!
可愛い47歳! 元CA佐藤亮子さんの大人気トラベルブランド

コラム・連載

もっと見る

女性自身チャンネル

もっと見る

スヒョン入隊前の心境を吐露!U-KISSみんなで乗り越える新曲2017.10.17

U-KISSが14枚目のシングル『FLY』をリリース! 4月にケビンが卒業して以降、5人体制で挑むはじめてのシングルは苦しいことを乗り越えて前に進もうというメッセージが込められている。楽曲、そしてリ...


ランキング