神田うの語る家庭ルール ママ友と距離取る、夫婦の財布は別

投稿日: 2016年06月22日 06:00 JST

image

「昨日は3時間しか寝ていなかったのですが、朝から娘のお弁当を作って送り出しました。娘のお弁当は全部手作り。おかずはまとめて作り置きしていて、たとえばひき肉も1,5kg買ってきてハンバーグやコロッケ、ミートソースなどを一気に作って、冷凍しているんです。私が子どものころ、母は何でも手作りで料理を作ってくれたので、私も娘に対して出来る限りそうしてあげたいと思っています」

 

開口いちばん気さくに話してくれたのは、神田うの(41)。先月『女も殿であれ!UNO式サクセスルール』(講談社)を出版。モデルやタレントとして忙しく働きながら母や妻としても奔走する彼女は、著書で独自の“家庭のルール”を紹介している。そこには波乱万丈の半生を乗り越えてきた、うのならではの教訓があった――。

 

20年以上も「嫌われ有名人ランキング」にランクインするなど、自分を貫く唯一無二のポジションを築いたうの。世のママたちが悩むママ友との付き合いについても「一定の距離を取る」という独自のルールを決めている。

 

「娘の友達やクラスメートのママとクラス行事では話すけど、子どものいない場ではあまり会いませんよね。それってあくまで○○ちゃんのお母さんであって、友達ではないと思うんです。ママ友に嫌われたらどうしようと悩むのも、そこでしかコミュニティがないからかもしれません。私の場合はお仕事もしているし、娘もインターナショナルスクールに入れています。そうして“つるまなきゃいけない”環境を排除することも、ときには大切なのではないかと思っています」

 

さらに家計のやりくりに関しても、うの独自のルールが。うの家の財布は“夫婦別々”なのだという。

 

「家賃や光熱費や娘の学費などは主人が払ってくれますが、食料品を買ったり娘とふたりで外食したりするときは私が払います。私も働いているし、自由に使うお金は自分で稼ぎたい。もし月々の家計費を全部貰っていたら、私は主人に気をつかって正直に話し合えなくなってしまいますから。夫に依存せず自分の意見を堂々と言う。だから夫とはよくケンカもします(笑)。でも娘のことなどで報告しなきゃいけないことがあるから、結局、いつの間にか仲直りしているんです。近くに寄りすぎると悪いところばかり見えてよさがわからなくなる。そんなときこそ、俯瞰で考えると『やっぱり好きだな』って思えるんです」

 

休みの日には家族3人でお風呂に入ることもルールのひとつ。今でも夫婦どちらかが仕事のときは、娘と一緒にいる動画や写真をLINEで送り合うなど、頻繁にコミュニケーションをとっている。また27日には、自らの失敗談から教訓を伝える人気バラエティ番組『しくじり先生』(テレビ朝日系)に出演。そんな彼女は今、改めて家族についての思いをこう語る。

 

「私は思ったことを言っちゃうKYなところもあるけど、だからこそ今いる人のことは本当に大好き。クリスマスは主人と私の家族で集まりますし、年末年始もシンガポールに主人の両親と一緒に行きました。最初は主人も面倒くさがっていましたが、『仲よくしてくれて本当にありがとう』と感謝してくれました。女子力はまったくないし、KYぶりも克服しなきゃいけない。そんな課題だらけの私だけど、それでもうの家は楽しく回っていますね」

【関連記事】

神田うの 娘のトラウマ懸念で出した「事件の話」禁止令

神田うの、愛娘の顔出しはNG「誘拐とか怖い」

神田うの 倖田、ほしの…芸能界ママが「うの詣で」する理由

この記事が気に入ったら
いいね!/ フォロ− しよう

WEB女性自身の最新の情報をお届けします。

関連キーワード

【注目アイテム】
「メスを使わない美容整形」コルギのパワーを自宅で!!
ジェニファー・ロペス、カイリー・ミノーグが「約20歳年下彼氏」を手に入れたワケ!
45歳、奇跡の美乳・原志保さんのボディを作るヒミツのグッズ公開!!
着るだけで、エステの効果がインナーに!!
可愛い47歳! 元CA佐藤亮子さんの大人気トラベルブランド

コラム・連載

もっと見る

女性自身チャンネル

もっと見る

水晶玉子さんが語る「物事が大きく発展する“吉兆日”はこの日!」2018.05.09

3年目を迎えた本誌連載『オリエンタル占星術』が大人気の占い師・水晶玉子さん。'17年末に、『水晶玉子縁結び開運バイブル2018』(光文社刊)を出版した記念として、4月16日、都内の光文社にて、水晶玉子...


ランキング