『とと姉ちゃん』好調のカゲに「三姉妹の“焼き肉女子会”」

投稿日: 2016年06月24日 06:00 JST

関連キーワード

image

「花山伊佐次役の唐沢寿明さんは、現場に入ってカメラテストの時に、ユーモラスなことをやって、常子(高畑充希)たちを笑わせていますよ。最初からガツンとお芝居をやっていると最後までもちません。初めはリラックス、2回目、3回目日テストで徐々にテンションを上げていって、本番にピークを持って行きます。ベテランの唐沢さんが、そうやってペースをつくってくれるので本当に助かります」

 

そう最新の収録エピソードを教えてくれたのは、連続テレビ小説『とと姉ちゃん』の制作統括の落合将さん(48)。視聴率20%超をキープする、『とと姉ちゃん』。残り3カ月は待望の“編集者・常子”の登場となる。とくに7月以降は、三姉妹の“仕事ぶり”や、個性あふれる新キャストの顔ぶれに注目してほしいという。

 

「最大の見どころは、常子が雑誌『あなたの暮し』を立ち上げていく経緯でしょうね。そこで三姉妹の関係が少しずつ変化していきます。ドラマ前半では、常子と美子(杉咲花)が仲たがいするシーンがありましたが、後半では一転、美子が何度か常子の窮地を救う。花山と常子が対立することがあっても、美子が間に入って仲を取り持ったりする。一方、次女の鞠子(相楽樹)はなかなか夢を形にできず、新たな幸せを模索していきます」

 

新キャストで、常子が創刊する雑誌『あなたの暮し』で編集長を務める花山は、ひと癖もふた癖もある人物。

 

「唐沢さんは、花山のモチーフとなった『暮しの手帖』編集長の花森安治さんのことを『あの人は美しいものに殉じた人だ』と表現しました。人物像の深い部分まで理解しているんだなと驚きました」

 

後半戦もますます楽しみな『とと姉ちゃん』。好調の秘訣はいったいどこにあるのだろう。

 

「何より常子、鞠子、美子の三姉妹のチームワークは抜群!撮影終了後も、よく3人で焼き肉店に行っては盛り上がっているようです(笑)」

【関連記事】

「とと姉ちゃん」相楽樹が明かした“小橋家の肉食女子トーク”

『とと姉ちゃん』次女「相楽樹」の原点は巣鴨ジジババ商店街

『とと姉ちゃん』現場で「充希ちゃんが急に踊り出して…」

この記事が気に入ったら
いいね!/ フォロ− しよう

WEB女性自身の最新の情報をお届けします。

【注目アイテム】
「メスを使わない美容整形」コルギのパワーを自宅で!!
ジェニファー・ロペス、カイリー・ミノーグが「約20歳年下彼氏」を手に入れたワケ!
45歳、奇跡の美乳・原志保さんのボディを作るヒミツのグッズ公開!!
着るだけで、エステの効果がインナーに!!
可愛い47歳! 元CA佐藤亮子さんの大人気トラベルブランド

コラム・連載

もっと見る

女性自身チャンネル

もっと見る

水晶玉子さんが語る「物事が大きく発展する“吉兆日”はこの日!」2018.05.09

3年目を迎えた本誌連載『オリエンタル占星術』が大人気の占い師・水晶玉子さん。'17年末に、『水晶玉子縁結び開運バイブル2018』(光文社刊)を出版した記念として、4月16日、都内の光文社にて、水晶玉子...


ランキング