芸能人怯える違約金、事後処理費用請求されたら事務所潰れる

投稿日: 2016年07月22日 06:00 JST

image

「天文学的数字です……」

 

そう語ったのは、「野党統一候補なら」と東京都知事選への出馬の以降を示した石田純一(62)。その結果、スポンサーからCM差し替えなどによる巨額の違約金を請求されたとして話題となった。結局11日に出馬は断念したものの、3億円ともいわれる都内の豪邸を売ることも考えるほどの事態となった。

 

「出馬すると、公職選挙法によりCMが流せなくなってしまいます。テレビCMは3日前までに予定を決めなければならず、そのため告示日である14日より前に進退を決める必要があったのです」(広告代理店関係者)

 

そんな“やっちまった”芸能人は石田だけでない。過去にも多くのスキャンダル芸能人たちの巨額違約金が報じられてきた。

 

今年1月に『ゲスの極み乙女。』の川谷絵音(27)との不倫が発覚したベッキー(32)は4億円もの違約金が報じられた。金額はあくまで報道をもとにしたもので、実際に支払われるかどうかはクライアントと事務所による協議の上で決定する。だが、彼女のような事務所の看板女優のスキャンダルは事務所にとっても命取りになりかねないという。

 

「違約金を少なくする方法として、事務所内の同格のタレントを代わりに無償でCM出演させる場合があります。ただ問題を起こしたのが看板タレントだとクライアントも代替案になかなか納得しません。そのため違約金も容赦ないものになりがちです」(前出・広告代理店関係者)

 

また芸能人が恐れるのは違約金だけではない。別の広告代理店関係者が明かす。

 

「禁止事項に違反したことの違約金より、対処にかかった費用を請求される方が巨額なことも。たとえばクライアントはお金を出してテレビCMなどの枠を押さえていますから、CMを流せなければそれが無駄になる。これらはタレントサイドに請求されてしまうこともあるし、CMを撮影し直す場合はその費用も保証しなければなりません。そして企業イメージを悪化させたことによる損害もあります。これは一概に算出することが難しいので、話し合いで決めることになります」

 

さらにはイベントや映画やドラマなどの場合、その損害額は計り知れないほど膨れあがることになるという。

 

「たとえば街中に張り出されたポスターの回収や看板の撤去費用、また今後行う予定だったイベントの施設代なども損害賠償請求される可能性も出てきます。ドラマや映画が公開される前のスキャンダルは目も当てられません。お蔵入りになったことで無駄になった撮影費用、出演者たちへのギャラもかかります。再放送やDVDの販売収入などで得られるはずだったものがすべてゼロになりますから、全額請求されたら事務所が潰れてもおかしくありません」(前出・別の広告代理店関係者)

 

まさに“天文学的”数字になりかねない事態。問題が起きたときにタレント側が真っ先にクライアントに謝罪するのもこのためだ。芸能生命が終わりかねない違約金。契約期間中はくれぐれも品行方正を心がけて!

【関連記事】

ベッキー「私が払う」4億円違約金めぐって事務所と話し合い

ベッキー騒動で事務所が分裂危機 現場が上層部対応に怒り
激太りのガガ スポンサー「違約金10億円」通達に顔面蒼白

この記事が気に入ったら
いいね!/ フォロ− しよう

WEB女性自身の最新の情報をお届けします。

【注目アイテム】
「メスを使わない美容整形」コルギのパワーを自宅で!!
ジェニファー・ロペス、カイリー・ミノーグが「約20歳年下彼氏」を手に入れたワケ!
45歳、奇跡の美乳・原志保さんのボディを作るヒミツのグッズ公開!!
着るだけで、エステの効果がインナーに!!
可愛い47歳! 元CA佐藤亮子さんの大人気トラベルブランド

コラム・連載

もっと見る

女性自身チャンネル

もっと見る

“好感度1位”俳優パク・ボゴム 謙虚すぎる受け答えにウットリ2017.12.05

最旬スターのインタビューをお届けするK☆STAR LOVERS。今回のゲストは、今、韓国で最も愛される俳優のパク・ボゴム(24)。'16年に韓国で放送され、最高視聴率25.3%を記録した時代劇『雲が描...


ランキング