菅田将暉「私服が奇抜すぎ」と話題もブランド立ち上げ目指す

投稿日: 2016年07月28日 06:00 JST

image

7月12日、来年1月スタートのNHK大河ドラマ『おんな城主 直虎』に井伊直政役で出演することが決まった俳優の菅田将暉(23)。auの“鬼ちゃん”役をはじめ、7社のCMに出演。『上半期ブレイクランキング2016』でも堂々1位に輝くなど、いま若手でもっとも注目されている俳優だ。

 

今回、ついに大河に抜てきされた菅田は「日本で俳優をやっていくなかで、大河ドラマ出演は大きな目標だったので、すごく嬉しいです」と意気込みを語っていた。だが、そんな彼には、“もう1つの目標”があるという。

 

「菅田さんは今、ファッションブランドの立ち上げを目指しているんです」(映画関係者)

 

菅田といえばこれまで、その独特なファッションセンスでも注目を集めてきた。共演経験がある高畑充希(24)は、「おしゃれだと思うけど、一般女子にはちょっと受け入れられないかも」とコメント。また東出昌大(28)も「僕に娘がいて、彼氏があんなだったらぶっ飛ばしますね(笑)」と、なかなか常人には理解できない“ハイセンス”の持ち主なのだ。

 

「彼のおしゃれは奇抜というか、マニアックすぎて、ついていけない人も多いようです。スラックスに下駄だとか、配色がど派手なシャツやブルゾン、タック入りの太いズボンなど、普通の人じゃ手が出ないアイテムを、平然と着こなしますからね」(前出・映画関係者)

 

さらに好きが高じて、自分でも作るように。今年3月に放送された『情熱大陸』(TBS系)では、そのこだわりぶりが放送された。

 

「有名ブランドに勤める友人たちと作業部屋を借り、仕事の後で夜な夜な服作りに没頭しています。おおまかなデザインは菅田君が描き、何度も生地屋に足を運んで素材選びからこだわり抜く。その上で本職の仲間に意見を伝え、本当に着たいと思う洋服を作っているようです。凝り性の彼ですから、とことん突き詰めないと気が済まないみたいですね」(テレビ局関係者)

 

本誌は先月末、都内の公園で来春公開の主演映画『キセキ―あの日のソビト』を撮影中の彼を目撃していた。この日のファッションは衣装だったのか白Tシャツにジーンズ、スニーカーとシンプルだったが、前出の映画関係者はこう語る。

 

「自分でデザインした服を現場に着てきたり、共演者にプレゼントしたりもしていますよ。自分の作品の細部に至るまで、詳しく説明するその姿はプロのデザイナーそのものです」

 

大河ドラマに出演が決まって俳優としても順風満帆。さらに夢のブランド立ち上げに向けて、日々邁進している菅田。“憧れの二刀流”が実現する日は遠くないかもしれない。

【関連記事】

菅田将暉 能年も絶賛のマジ女装「毛を剃り、エステに通って……」

菅田将暉 売れっ子“鬼ちゃん”がボソリ「デートしたいなぁ」
「他の役者に取られたら悔しい」菅田将暉、出演映画で感じた青春

この記事が気に入ったら
いいね!/ フォロ− しよう

WEB女性自身の最新の情報をお届けします。

【注目アイテム】
「メスを使わない美容整形」コルギのパワーを自宅で!!
ジェニファー・ロペス、カイリー・ミノーグが「約20歳年下彼氏」を手に入れたワケ!
45歳、奇跡の美乳・原志保さんのボディを作るヒミツのグッズ公開!!
着るだけで、エステの効果がインナーに!!
可愛い47歳! 元CA佐藤亮子さんの大人気トラベルブランド

コラム・連載

もっと見る

女性自身チャンネル

もっと見る

“好感度1位”俳優パク・ボゴム 謙虚すぎる受け答えにウットリ2017.12.05

最旬スターのインタビューをお届けするK☆STAR LOVERS。今回のゲストは、今、韓国で最も愛される俳優のパク・ボゴム(24)。'16年に韓国で放送され、最高視聴率25.3%を記録した時代劇『雲が描...


ランキング