『王家の紋章』主演に挑む浦井健治 公式本には自作の童話も

投稿日: 2016年08月05日 06:00 JST

image

「15年前のデビュー当時、今の自分がこんなにたくさんの素敵な人たちに囲まれているとは思ってもいませんでした」

 

そう語るのは、8月6日に35歳の誕生日を迎える俳優の浦井健治。舞台やテレビドラマで活躍し、「ミュージカルプリンス」と呼ばれて人気は不動だ。同じくミュージカルを中心に活躍する井上芳雄(37)、山崎育三郎(30)との音楽ユニット「StarS」の活動を通して、ミュージカルファンの裾野を広げてきた。

 

「6月の舞台『あわれ彼女は娼婦』の稽古場で、大先輩の中嶋しゅうさんが、栗山民也さんの演出を受けている僕を見て『おまえがここまでになって、うれしいよ』と言ってくださって。胸が熱くなりました。僕を見ていて育ててくださる方たちを大切にしなければ」

 

’04年に東京・帝国劇場でのミュージカル『エリザベート』のルドルフ皇太子役で注目を浴びた。その帝劇の大舞台で8月5日から初めての単独主演に挑む。人気少女漫画が原作の『王家の紋章』で、古代エジプトの少年王・メンフィスに扮するのだ。

 

「シルヴェスター・リーヴァイさんの楽曲、荻田浩一さんの演出という黄金タッグ!目、耳、体全体で躍動感を楽しんでいただけたら。絶対君主のメンフィスは元祖オラオラ系ではあるけれど、まっすぐでピュア。現代から迷い込んだキャロルへの愛を通して、男として成長していくさまを丁寧に演じますので、思う存分、世界観に浸り古代エジプトを堪能してください」

 

昨年の舞台版『デスノート』と同様、漫画大国である日本発信の本作も、世界に羽ばたく可能性を秘めた大作だ。

 

音楽活動でも、『エリザベート』『ロミオ&ジュリエット』など出演作品の楽曲や自身が作詞した新曲、劇団☆新感線の全面協力による楽曲を収録した1stアルバム『Wonderland』をリリース。9月には初のソロコンサートも。

 

「過去、現在、未来の自分を詰め込んだアルバムと、歌ありダンスありのミュージカル愛あふれるコンサート。どちらもおもちゃ箱をひっくり返したようなにぎやかさと楽しさ満載です」

 

オフィシャルブック『アシアト』には書きためている自作の童話を収録。

 

「童話のどこか独特な雰囲気や空気感が好きで、妹が生まれたときに読み聞かせを自分の作品でしてあげたいと思ったのが創作のきっかけなんです」

【関連記事】

ミュージカル俳優として高評価 城田優にとっての音楽

俳優・渡辺謙のツイートのルール「なんでもかんでも発信しない」
“ポスト五代さま”になれるか 朝ドラ出演俳優・大野拓朗

この記事が気に入ったら
いいね!/ フォロ− しよう

WEB女性自身の最新の情報をお届けします。

【注目アイテム】
「メスを使わない美容整形」コルギのパワーを自宅で!!
ジェニファー・ロペス、カイリー・ミノーグが「約20歳年下彼氏」を手に入れたワケ!
45歳、奇跡の美乳・原志保さんのボディを作るヒミツのグッズ公開!!
着るだけで、エステの効果がインナーに!!
可愛い47歳! 元CA佐藤亮子さんの大人気トラベルブランド

コラム・連載

もっと見る

女性自身チャンネル

もっと見る

“好感度1位”俳優パク・ボゴム 謙虚すぎる受け答えにウットリ2017.12.05

最旬スターのインタビューをお届けするK☆STAR LOVERS。今回のゲストは、今、韓国で最も愛される俳優のパク・ボゴム(24)。'16年に韓国で放送され、最高視聴率25.3%を記録した時代劇『雲が描...


ランキング