「別居婚する」で大げんか…蜷川幸雄さんと妻の”出会い”

投稿日: 2016年09月04日 06:00 JST

image

「団地の玄関の表札は『蜷川天才』でした。そうやって自分で枠を作って頑張るの、あの人」

 

演出家の故・蜷川幸雄さん(享年80)の妻であり、写真家・蜷川実花さん(43)の母、蜷川宏子さん(75)は、“あの日のまま”という幸雄さんの書斎で、そう語った。“世界のNINAGAWA”の急逝から100日。初めて明かす2人の出会い−−。

 

宏子さんにはもう一つの名前がある。’66年に蜷川幸雄さんと結婚したときは「真山知子」という芸名で女優をしていた。当時の幸雄さんはまだ俳優で収入は妻の半分。一家の大黒柱は宏子さんだった。

 

’62年に真山知子の名前で『劇団青俳』に入団。そこに俳優・蜷川幸雄がいた。ピリピリしていて近寄りがたい存在だったが、すぐに共演の機会がやってきた。

 

「初舞台の『逆光線ゲーム』で兄妹の役でした。親しくなったのは、名古屋行きの新幹線で隣の席になったとき。まず私が出発時間ギリギリで駆け込んだら『遅いじゃないか』と怒鳴られました。当時はベトナム戦争が本格化していたころで、彼はその背景や世界状況をわかりやすく説明してくれました。『ただの気難しい人じゃなかった。人間として上質』と尊敬の気持ちに変わっていきました」

 

しかし当時は、どちらにも交際相手がいた。

 

「秋に2人で日光に行ったとき、枯れ葉が風に舞っていたの。その風景に胸が震えるぐらい感動して、私から『結婚しよう』と言っちゃった。仲人は劇団の先輩・木村功さん夫妻にお願いしました。ただ、蜷川がサルトルとボーヴォワールみたいな『別居結婚をしよう』と言いだしたときは大喧嘩になりましたが」

 

2人の“ラブストーリー”はここから二転三転する。元彼がストーカーになったのだ。

 

「デートから帰ると電信柱の陰に立っていたり、局の控室にいたり。それでほだされてしまうのが私。よりを戻しちゃった。訳わかんない」

 

さらに1年後、偶然に宏子さんが幸雄さんと出くわして、またまた恋が再燃する。

 

「図々しくも、彼に日光に連れて行ってもらったんです。そうしたら、また感動的に落ち葉が風に舞っていた。もう運命ですよね。それで今度こそ結婚しようということに」

 

’66年5月、東京・椿山荘での結婚式の仲人は、当然木村さんには頼めず、俳優の岡田英次さん夫妻にお願いした。新婚旅行は軽井沢。新居は蜷川さんの地元・埼玉県川口市内の2Kの公団住宅だった。

 

「さすがテイラーの息子。針道具をパッと出して千鳥掛けを教えてくれたりする。私、家事は何にもできなかったから、お茶ッ葉の量から何からすべてあの人に教わったの」

【関連記事】

蜷川幸雄さん「また一緒に…」嵐・二宮に書いた“魂の手紙”

秀吉ロスで話題の小日向文世 遅咲き支えた妻は“リアルねね”
中村紘子さん 急逝前夜もともに過ごした夫が語った闘病2年半

この記事が気に入ったら
いいね!/ フォロ− しよう

WEB女性自身の最新の情報をお届けします。

あなたにオススメ

【注目アイテム】
「メスを使わない美容整形」コルギのパワーを自宅で!!
ジェニファー・ロペス、カイリー・ミノーグが「約20歳年下彼氏」を手に入れたワケ!
45歳、奇跡の美乳・原志保さんのボディを作るヒミツのグッズ公開!!
着るだけで、エステの効果がインナーに!!
可愛い47歳! 元CA佐藤亮子さんの大人気トラベルブランド

コラム・連載

もっと見る

女性自身チャンネル

もっと見る

スヒョン入隊前の心境を吐露!U-KISSみんなで乗り越える新曲2017.10.17

U-KISSが14枚目のシングル『FLY』をリリース! 4月にケビンが卒業して以降、5人体制で挑むはじめてのシングルは苦しいことを乗り越えて前に進もうというメッセージが込められている。楽曲、そしてリ...


ランキング