宇多田ヒカル「優しくて角取れた」周囲驚かせた帰国時の変化

投稿日: 2016年09月15日 06:00 JST

image

「今回、久しぶりに会った宇多田さんは、昔のピリピリしたイメージと打って変わって、フレンドリーな感じで、子育ての話などをしてくれたんです。ずいぶん優しくなって、角が取れたように見えましたね」(音楽関係者)

 

子供を連れて8月末に帰国した宇多田ヒカル(33)。短期間で立て続けに『SONGS』(NHK・9月22日放送)、『Love music』(フジテレビ系9月30日放送)、『NEWS ZERO』(日本テレビ系・10月初旬)の収録をこなし、あわただしく英国に戻った。5年8カ月ぶりのテレビ出演だった。

 

本格復帰したばかりの宇多田だが、その豹変ぶりに周囲は目を見張ったという。イタリア人の8歳年下の男性と結婚し、昨年7月には男児を出産。母になったこと以外にも、実母・藤圭子さん(享年62)への思いが彼女に大きな変化をもたらしたようだ。

 

「母・藤圭子さんが投身自殺で突然、亡くなったのが13年8月のことでした。あれから3年が経ち、宇多田さんは亡き母を思う時間が増えたそうです。9月2日付けウエブニュースのインタビューでも『一時期、何を目にしても母が見えてしまい、息子の笑顔を見ても悲しくなる時がありました』と語っています」(前出・音楽関係者)

 

何もかもを母と重ね、その面影を偲ぶ日々。そんな宇多田が、つねに母を感じるために身に着けているものがあるという。

 

「藤さんの葬儀は、無宗教で戒名も位牌もありませんでした。遺言どおり、遺骨も散骨したので、お墓もありません。宇多田さんに残されたのは、母の写真と散骨の前に残した少しの遺骨。宇多田さんは、その残った遺骨をペンダントに入れたそうです。今回、日本で仕事をする際も、このペンダントを身に着けていたといいます」(別の音楽関係者)

 

9月28日発売の新アルバム『Fantome』にも、宇多田の母への思いが随所に表れている。

 

「ジャケット写真の宇多田さんは髪型といい気怠い表情といい、若いころの藤圭子さんとそっくり。彼女がいつも持ち歩いている母の写真をカメラマンに見せ、イメージ作りをしたそうです。タイトルも、幻や気配を意味するフランス語。“母の気配をいつも感じている”自分の思いを歌詞や曲調に込めて、アルバム作りを進めたといいます」(前出・音楽関係者)

【関連記事】

宇多田ヒカル 母と暮らした家を処分…結婚2年の極秘決断

宇多田ヒカル 再始動後も拠点はイギリス、永住権取得の声も
宇多田ヒカル 新郎家族を感激させた披露宴のイタリア語スピーチ

この記事が気に入ったら
いいね!/ フォロ− しよう

WEB女性自身の最新の情報をお届けします。

【注目アイテム】
「メスを使わない美容整形」コルギのパワーを自宅で!!
ジェニファー・ロペス、カイリー・ミノーグが「約20歳年下彼氏」を手に入れたワケ!
45歳、奇跡の美乳・原志保さんのボディを作るヒミツのグッズ公開!!
着るだけで、エステの効果がインナーに!!
可愛い47歳! 元CA佐藤亮子さんの大人気トラベルブランド

コラム・連載

もっと見る

女性自身チャンネル

もっと見る

“好感度1位”俳優パク・ボゴム 謙虚すぎる受け答えにウットリ2017.12.05

最旬スターのインタビューをお届けするK☆STAR LOVERS。今回のゲストは、今、韓国で最も愛される俳優のパク・ボゴム(24)。'16年に韓国で放送され、最高視聴率25.3%を記録した時代劇『雲が描...


ランキング