大地真央が挑戦する新舞台、森公美子とのデュエットも用意

投稿日: 2016年10月17日 06:00 JST

image

NHK朝の連続テレビ小説『とと姉ちゃん』では、ヒロインの祖母役を演じた大地真央(60)。17歳で宝塚歌劇団の初舞台を踏んでから43年。今年、彼女は還暦を迎えた。

 

そんな大地と森公美子がロベール・トマ作の舞台『一人二役〜殺したいほどジュテーム〜』で共演。物語の舞台は、1960年代のパリ郊外。叔父の莫大な遺産を相続して豪邸に住む、貞淑な妻・フランソワーズ(大地)と、ギャンブルや酒におぼれるその夫・リシャール(益岡徹)の離婚を巡り、リシャールとうり二つの弟ミシェル(益岡徹・二役)、家政婦ルイーズ(森)が加わり騒動を巻き起こす。

 

「モリクミちゃんとはね、4年前の舞台・地球ゴージャス『海盗セブン』で共演したのが最初でした。この舞台の作・演出を担当した岸谷五朗さんのアイデアってすごい!私たちを双子の姉妹にしちゃったんですから(笑)。彼女は。私のお化粧を研究して『どのブランドの何を使ってるの?』って。双子らしくなるようそろえていました(笑)」(大地・以下同)

 

もちろん『一人二役』では、この2人の歌姫のために待望のデュエット曲が用意されている。

 

「益岡さんは知的で穏やか。初めてご一緒した『ヘッダ・ガーブレル』は私が初挑戦した新劇で、難しくて難しくて。一緒に苦しんで作り上げた戦友です。あのとき、益岡さんが演じた夫は優しくて優柔不断。今回は暴力的で。まったく違うキャラなので、楽しみ」

 

ハイテンポで物語は展開し、ラストは大どんでん返しの『一人二役』。ハラハラドキドキのなかに笑いがちりばめられた大人のサスペンスコメディをお楽しみあれ。

【関連記事】

大地真央 若すぎ!朝ドラで話題の美貌生んだ豪華すぎる朝食

大地真央流壁の乗り越え方「あえてどん底まで落ち込みます」
大地真央に学ぶ物事のやめどき「宝塚を退団した理由は…」

この記事が気に入ったら
いいね!/ フォロ− しよう

WEB女性自身の最新の情報をお届けします。

あなたにオススメ

【注目アイテム】
「メスを使わない美容整形」コルギのパワーを自宅で!!
ジェニファー・ロペス、カイリー・ミノーグが「約20歳年下彼氏」を手に入れたワケ!
45歳、奇跡の美乳・原志保さんのボディを作るヒミツのグッズ公開!!
着るだけで、エステの効果がインナーに!!
可愛い47歳! 元CA佐藤亮子さんの大人気トラベルブランド

コラム・連載

もっと見る

女性自身チャンネル

もっと見る

スヒョン入隊前の心境を吐露!U-KISSみんなで乗り越える新曲2017.10.17

U-KISSが14枚目のシングル『FLY』をリリース! 4月にケビンが卒業して以降、5人体制で挑むはじめてのシングルは苦しいことを乗り越えて前に進もうというメッセージが込められている。楽曲、そしてリ...


ランキング