水前寺清子語った大物歌手との確執 「売られたケンカは買う」

投稿日: 2016年11月05日 00:00 JST

image

 

演歌歌手の水前寺清子(71)が4日放送のフジテレビ系「ダウンタウンなう」に出演し、女性大物歌手2人との確執の真相を語った。

 

その当時、犬猿の仲と噂されていた水前寺清子と和田アキ子(66)。本誌(’74年2月9号)でも2人の不仲を報じている。当時、和田アキ子出演するレギュラー番組に、「アッコが嫌いだから出演しない」と水前寺が出演オファーを断り、それを聞き《アコが涙をポロポロこぼした》と記事には書かれている。水前寺はそのことについて、こう当時を振り返った。

 

「週刊誌に(番組に)出てくれないんで、一晩中泣いたと書かれたんですよ。そのときに、私はあの方が元気いいところを知ってましたんで、『泣くタマか!』と言ったのは覚えています。売られたケンカは買います。この事件は、(ケンカを)売られたと思いましたから。私が全く知らないところでこういうことがあって、『一晩泣いた。どうしてくれるんですか?』って言われたんで。『泣くタマか』って言ったのは、今でも本当に申し訳なかったと思います。アッコちゃんは、本当に今はとってもよくしてくださるし、優しいです」

 

’71年の『NHK紅白歌合戦』赤組の司会を務めた水前寺。大トリは美空ひばり。本来なら、赤組司会の水前寺が曲紹介するはずなのだが、本番では、白組司会のNHK・宮田輝アナウンサーが曲紹介した。この不自然な曲紹介の裏にはひばりと水前寺のバトルがあったとささやかれた。その真相を水前寺は次のように語った。

 

「私が(曲紹介を)断ったとなっていますが、そうじゃなくて。あのときは、美空ひばりさんが歌われて、長谷川一夫さんが踊られて。そのときに、ここ(大トリ)だけは宮田輝さんが司会をなさるということで。私は、間違えちゃいけないと、本当にドキドキしたんです。美空ひばりさんは雲の上の方ですよ。ネット記事でそうなった。あれ、直せないんですか?」

 

事実と違うことがネットに書かれ、確執の噂が広まったという。

 

そんな水前寺に先月、熊本地震の被災地出身の演歌歌手として『紅白歌合戦』内定の噂が。’65年から22回連続出場した水前寺だが、’86年以来、出場は一度もない。水前寺は「出られない、出られない。そんな話ない、ない。出ませんよ、出ませんよ」としながらも、「でも、もし内容が被災地のみなさんのためであれば、(被災地の)みんなと一緒に唄いたい」と話した。

【関連記事】

和田アキ子、椿鬼奴…女性芸能人たちの禁煙成功体験

「同じ便では帰らん」森元首相が「犬猿の仲」小池百合子にすり寄り
寺島しのぶ、“許せないこと”は深田恭子との不仲説

この記事が気に入ったら
いいね!/ フォロ− しよう

WEB女性自身の最新の情報をお届けします。

【注目アイテム】
「メスを使わない美容整形」コルギのパワーを自宅で!!
ジェニファー・ロペス、カイリー・ミノーグが「約20歳年下彼氏」を手に入れたワケ!
45歳、奇跡の美乳・原志保さんのボディを作るヒミツのグッズ公開!!
着るだけで、エステの効果がインナーに!!
可愛い47歳! 元CA佐藤亮子さんの大人気トラベルブランド

コラム・連載

もっと見る

女性自身チャンネル

もっと見る

“好感度1位”俳優パク・ボゴム 謙虚すぎる受け答えにウットリ2017.12.05

最旬スターのインタビューをお届けするK☆STAR LOVERS。今回のゲストは、今、韓国で最も愛される俳優のパク・ボゴム(24)。'16年に韓国で放送され、最高視聴率25.3%を記録した時代劇『雲が描...


ランキング