高知東生「女房には申し訳なかった…」初めて語る保釈後の今

投稿日: 2016年11月15日 00:00 JST

image

 

「女房には、本当に申し訳なかった。いままでお世話になってきたプロダクションの社長も見守ってくれています。だからいま、一からやり直しているところで……」

 

本誌の直撃に、こう口にした、高知東生(51)。高知といえば、6月に覚せい剤取締法違反で逮捕、7月29日に保釈されてから3カ月余りが経つ。そんな彼が、9月15日の判決後初めて本誌に近況を語った。

 

10月下旬、元妻・高島礼子(52)と暮らしていた家を出て、移り住んだ都内の自宅から出て来た高知。記者が近況を尋ねると、言葉を選びながら冒頭のように“元妻への思い”を吐露した。

 

現在、都心の雑居ビルに出入りしているが、本人に仕事をしているのか聞いてみたところ「しています。でも、今日は休みです」と“再就職”していたことを明かす。しかし、どんな仕事内容かは教えてくれなかった。

 

「まだ、始めたばかりなので。やっぱり、生活もありますから……」

 

以前はパワフルなイメージだったが、この日目の当たりにした彼は虚勢を脱ぎ捨て、すっかりおとなしくなった様子だ。

 

新たな仕事は見つかったものの、今後への不安を漏らした高知。だがその裏で、実は“元妻との交渉”が着々と進んでいたのだ――。

 

「高島さんが高知さんと暮らしていた自宅ですが、土地と建物の名義は2人の連名になっていました。それを離婚の際、高島さんは自分だけの名義に変更するために高知さんの借金を払ったそうです」(高島の知人)

 

2人が都内に約3億円の豪邸を建てたのは、13年前。当時、約3分の1を自分の名義にした高知は、銀行から7千500万円を借りたという。

 

「高知さんが抱えた借金の利子を含めた残額は今年で1億円ちょっとになります。返済するとなると、手数料を含め約1億1千万円になります。それを今回、高島さんは財産分与という形で自分が肩代わりしてあげたのです。それだけの代償を払ってでも、元夫とすっぱり縁を切りたかったということでしょう。ただ、高島さんとしては惚れぬいて一緒になった高知さんの将来を心配し『経済的に困らないように』という思いやりが最後まであったようです」(前出・知人)

 

元妻・高島のおかげで、高知は莫大な借金から解放されたというわけだ。1億円超もの“手切れ金”を気前よく贈った高島は、元夫の再起を誰よりも願っている――。

【関連記事】

高島礼子が完全訣別へ!高知東生の“トボトボ引越し”現場

高知東生 逮捕前に独占告白「義父介護してない」「女大好き」
高知東生の呆れたヒモ生活 午前4時に高島駆けつけ飲み代会計

この記事が気に入ったら
いいね!/ フォロ− しよう

WEB女性自身の最新の情報をお届けします。

【注目アイテム】
「メスを使わない美容整形」コルギのパワーを自宅で!!
ジェニファー・ロペス、カイリー・ミノーグが「約20歳年下彼氏」を手に入れたワケ!
45歳、奇跡の美乳・原志保さんのボディを作るヒミツのグッズ公開!!
着るだけで、エステの効果がインナーに!!
可愛い47歳! 元CA佐藤亮子さんの大人気トラベルブランド

コラム・連載

もっと見る

女性自身チャンネル

もっと見る

“好感度1位”俳優パク・ボゴム 謙虚すぎる受け答えにウットリ2017.12.05

最旬スターのインタビューをお届けするK☆STAR LOVERS。今回のゲストは、今、韓国で最も愛される俳優のパク・ボゴム(24)。'16年に韓国で放送され、最高視聴率25.3%を記録した時代劇『雲が描...


ランキング