スピワゴ井戸田 解散危機を語る「もうダメだと思って」

投稿日: 2016年11月17日 14:00 JST

image

 

お笑いコンビ・スピードワゴンの井戸田潤(43)と小沢一敬(43)が16日、NHK「スタジオパークからこんにちは」(毎週月から金曜・午後1時5分〜)で一時期コンビ存続の危機にあったことを明かした。

 

井戸田と小沢の出会いは名古屋吉本の養成所・名古屋NSCの2期生期として。名古屋では互いに別の相方と活動していたが、井戸田が東京に出た後にコンビを解散。同時期、名古屋でコンビを解散していた小沢に、井戸田が「東京で一緒にお笑いやろう」と誘い、スピードワゴンを結成。その後、コンビ活動を重ねていく。そんな順調だと思えたコンビ仲に2010年、存続の危機はやってきた。井戸田は次のように語った。

 

「芸人さんが小説を書くブームがあったじゃないですか?いまは定番となっていますけど。それに小沢さんものっかって、小説を書き出したんです。短編小説を。それまでは、毎年スピードワゴンで単独ライブをやってたんですけど、その年、小沢さんが『今年は単独ライブはやらない』って言い出したんですよ。でも、それはスピードワゴンの活動ではなく小沢さんの活動だから、こっち(スピードワゴン)はこっちでやってもらわないと困るわけじゃないですか」

 

そのとき、小沢さんの口から飛び出したのが「小説の落とし方しかわからない。漫才の落とし方は、もうわからないんだ」という言葉だった。

 

「“はあ?って思って。まだ、処女作執筆中ですよ。もうね、(文豪)みたいにふんぞり返ってるんですよ。これは、もうダメだなと思って。『漫才をやたいって2人東京に出てきたのに、やらないってことはコンビ解散』(ということ)に近いことを言ったんですよ」

 

だが、コンビは解散しなかった。その理由を井戸田は「小沢さんがやる気を出してくれるのを待ってた。解散しちゃったら、もう2度と漫才ができなくなるんで」と話した。その待っている間にピンで活動していたネタが、カウボーイに扮しジョークを繰り出す『ハンバーグ師匠』。今では、井戸田の鉄板ネタとなっている。この小沢を待っていた時期のことを井戸田はこう振り返った。

 

「そのときはね、あんまり小沢さんのことを好きじゃなかったんですよ。ネタもやらないし、どういうつもりなんだろうと思って。(書いていた)小説もたいして売れてねえし。その期間は何だったんだよって話だよ!」

 

そんな2人だったが、その後小沢も漫才師としてのやる気を取り戻し、2013年からはスピードワゴン主催のネタライブ「東京センターマイク」を立ち上げ、コンビとして精力的に活動を続けている。

 

【関連記事】

スピワゴ小沢 相方・井戸田にねだった“あの写真集”

ムーディ勝山「寄生虫と思ってた」発言に元相方見せた神対応
塚地、デビット伊東…お笑い芸人が役者をやる理由

この記事が気に入ったら
いいね!/ フォロ− しよう

WEB女性自身の最新の情報をお届けします。

あなたにオススメ

【注目アイテム】
「メスを使わない美容整形」コルギのパワーを自宅で!!
ジェニファー・ロペス、カイリー・ミノーグが「約20歳年下彼氏」を手に入れたワケ!
45歳、奇跡の美乳・原志保さんのボディを作るヒミツのグッズ公開!!
着るだけで、エステの効果がインナーに!!
可愛い47歳! 元CA佐藤亮子さんの大人気トラベルブランド

コラム・連載

もっと見る

女性自身チャンネル

もっと見る

スヒョン入隊前の心境を吐露!U-KISSみんなで乗り越える新曲2017.10.17

U-KISSが14枚目のシングル『FLY』をリリース! 4月にケビンが卒業して以降、5人体制で挑むはじめてのシングルは苦しいことを乗り越えて前に進もうというメッセージが込められている。楽曲、そしてリ...


ランキング