脚本家、若手俳優…NHK「ドラマ10」が大人の女性にウケるワケ

投稿日: 2016年11月23日 06:00 JST

image

 

NHK総合テレビで、開始当初は火曜、今は金曜の夜10時台に放送されているドラマ枠が“ドラマ10”。おもに女性視聴者を意識した番組作りが、40、50代女性からの支持を集めている。 「夫と一緒に見るのはなんだか忍びなくて……録画して、ひとりでこっそり楽しんでいます」−−そんな40代以上の女性も多いのでは?

 

「『セカンドバージン』で火がついたドラマ10枠の作品には、NHKならではのクオリティと、NHKらしからぬ湿度感があって、私たちの世代が忘れてしまった何かに、思わず“胸キュン”してしまう要素が、あちこちにちりばめられているんです」

 

そう語るのはドラマウォッチャーで主婦の田幸和歌子さん。なぜドラマ10に大人の女性たちがうっかりハマってしまうのか?“胸キュン”ポイントを田幸さんが解説してくれた。

 

■原作・脚本陣が実力派ぞろい

 

「『八日目の蝉』『紙の月』は角田光代さんの小説が原作ですし、『下流の宴』の原作は林真理子さん。脚本を手掛けるのも、月9で長瀬智也主演の『Days』の大石静、『やまとなでしこ』の中園ミホ、『ロングバケーション』『ビューティフルライフ』の北川悦吏子……と、トレンディドラマを書いていたような女性実力派ですよね。青春時代に胸をときめかせたドラマの脚本家が今、40代になった私たちをドキドキさせてくれているのです」

 

■若手ホープが発掘できる

 

「斎藤工さんは朝ドラ『ゲゲゲの女房』に漫画家のアシスタント役として登場した後、大河ドラマ『江』に出演して、ドラマ10『ガラスの家』に抜擢されました。NHKは俳優を“お抱え”のように使うのが上手なんです。これは民放では、なかなかできないこと。窪田正孝さん、永山絢斗さん、藤本隆宏さんといった男性俳優の発掘もうまい。『セカンドバージン』の長谷川博己さんのように脚本家が抜擢することもありますよね。ドラマ10には“新しい星”に目をつける楽しみがあるんです」

 

■過激な設定も大人のおとぎ話に

 

「大人の魅力で支持を得る女優さんが、大人の色気がある男性と恋に落ちる−−しかもその設定が過激です。『コントレール』では夫を殺した男を愛し、『ガラスの家』では父と息子で女性を取り合い、『セカンドバージン』では年下の男との不倫……と、“昼ドラ感”満載のドロドロが繰り広げられます。でも、お金をかけて、あくまでも美しく撮られているので、そんな過激さが“大人のおとぎ話”となって、キュンキュンしながらハマることができるのです」

 

■肉欲だけじゃない大人の恋愛模様

 

「ヒロインが心に傷を負っていたり、やり場のないフラストレーションを抱えていたりするところに、『私たちと同じ!』と共感する人も多いと思います。そして、その心の隙間にするすると入る年下の男−−。それは現実を生きる女性たちの理想の恋であり、夢なのかもしれません。それに、たとえば『はつ恋』では“初恋の男”と再会するし、『運命に、似た恋』の2人は“幼なじみ”かもしれないという設定。大人の女性が忘れていた“純粋さ”を思い出させてくれるんですね。性描写があっても、そこが到達点ではなく、その奥にある“純粋さ”を見つけることができる。肉欲だけの恋じゃないからこそ、大人の女性が胸キュンしてしまうんです」

 

■母性本能に訴えかけてくる

 

「栄光と挫折を味わい、傷ついた男と恋に落ちる。身の破滅を感じていても、包み込みたくなってしまう−−そんな母性本能に訴えかけてくるんですよね。同時に『紙の月』のように、“男をコントロールする立場でありたい”という女性の欲望も描かれる。これを透明感と清潔感のある女優さんが演じることで、私たちの隠れたヒロイン願望があぶりだされるのです」

【関連記事】

刑事、営業、料理人…“働く女”描くドラマ急増のワケ

女性週刊誌記者たちが語る今期ドラマ、女性に響く作品はどれ?
沢尻エリカに再評価の声、草なぎ剛ドラマも断る依頼殺到ぶり

この記事が気に入ったら
いいね!/ フォロ− しよう

WEB女性自身の最新の情報をお届けします。

【注目アイテム】
「メスを使わない美容整形」コルギのパワーを自宅で!!
ジェニファー・ロペス、カイリー・ミノーグが「約20歳年下彼氏」を手に入れたワケ!
45歳、奇跡の美乳・原志保さんのボディを作るヒミツのグッズ公開!!
着るだけで、エステの効果がインナーに!!
可愛い47歳! 元CA佐藤亮子さんの大人気トラベルブランド

コラム・連載

もっと見る

女性自身チャンネル

もっと見る

“好感度1位”俳優パク・ボゴム 謙虚すぎる受け答えにウットリ2017.12.05

最旬スターのインタビューをお届けするK☆STAR LOVERS。今回のゲストは、今、韓国で最も愛される俳優のパク・ボゴム(24)。'16年に韓国で放送され、最高視聴率25.3%を記録した時代劇『雲が描...


ランキング