NHK紅白 奇跡実現へ!SMAP“出演枠”のため15分確保

投稿日: 2016年11月29日 00:00 JST

image

 

「NHKから“これまで多大な貢献をしていただき残念ですが、今年の『紅白』出場は見送りとなりました”と正式に連絡があったのは、発表の前日、23日でした。事務所のスタッフが直接、本人に伝えると和田さんは相当ショックを受けたらしく、目にうっすらと涙を浮かべていたと聞いています」(音楽関係者)

 

今年のNHK紅白歌合戦の出場歌手が、11月24日に発表された。驚きだったのは、今回で出場40回目の節目となるはずだった、“大ベテラン”和田アキ子(66)の落選だ。その背景を探ると、さらに驚きの裏事情が――。

 

昨年は、51組の歌手が出演した紅白歌合戦。だが今年の出場歌手として発表されたのは、それより5組も少ない46組だけだった。

 

「今年は“なんとしてもSMAPに出演してもらいたい”というのがNHKの悲願。解散発表があった8月から、NHKは紅白への出演交渉を続けてきました。じつはその中で、SMAPの5人にNHK側の“熱意”を示すため、昨年よりも出場歌手を減らし、SMAPの“出演枠”を確保したのが、今回、出場歌手が5組も減った理由なんです」(NHK関係者)

 

紅白での歌手1組の持ち時間は約3分といわれる。つまり、“奇跡の出演”が実現した場合のため、NHKは3分×5組=15分をSMAPのために確保しているということ。だが、5組も出場枠が減った影響は小さくなかった。

 

「もっとも煽りを受けたのが和田さんなんです。例年どおりであれば、確実に和田さんは“当確”でしたが……。ただ、理由はそれだけではありません。じつはNHKは、毎年独自に“紅白で見たい歌手”を調査しているんです。順位は極秘ですが10年ほど前までは、和田さんは必ず20位以内に入っていました。それが近年は名前が入らない年も多く、NHK側も“いつかは……”と考えていたんです」(制作関係者)

 

落選が決まった和田は、《今回、この様な形になり、とても残念に思っております。40回という節目でもありましたので、正直悔しい気持ちもあります》とコメント。無念の気持ちを吐露した。

【関連記事】

SMAP今後は歌わない?「世界に一つだけの花」が封印の危機

SMAP紅白出場へNHKがひそかに温める“破格の交換条件”
松本人志、紅白出場者決定に「ネットの意見は無視していい」

この記事が気に入ったら
いいね!/ フォロ− しよう

WEB女性自身の最新の情報をお届けします。

あなたにオススメ

【注目アイテム】
「メスを使わない美容整形」コルギのパワーを自宅で!!
ジェニファー・ロペス、カイリー・ミノーグが「約20歳年下彼氏」を手に入れたワケ!
45歳、奇跡の美乳・原志保さんのボディを作るヒミツのグッズ公開!!
着るだけで、エステの効果がインナーに!!
可愛い47歳! 元CA佐藤亮子さんの大人気トラベルブランド

コラム・連載

もっと見る

女性自身チャンネル

もっと見る

スヒョン入隊前の心境を吐露!U-KISSみんなで乗り越える新曲2017.10.17

U-KISSが14枚目のシングル『FLY』をリリース! 4月にケビンが卒業して以降、5人体制で挑むはじめてのシングルは苦しいことを乗り越えて前に進もうというメッセージが込められている。楽曲、そしてリ...


ランキング