石原さとみが密着!菅田将暉が赤面した「校閲ガール」の夜

投稿日: 2016年12月14日 06:00 JST

image

 

「菅田将暉さんと青木崇高さんはかなり酔っ払って、超ご機嫌でしたね」(ドラマ関係者)

 

石原さとみ(29)の主演ドラマ『地味にスゴイ!校閲ガール・河野悦子』(日本テレビ系)の打ち上げが、12月7日に行われた。全話通して平均視聴率は二ケタ越え、打ち上げ当日の最終回も12.3%と上々の結果を残した。

 

打ち上げ会場は都内のイベントスペースで、開始は夜7時から。主役の石原は、華やかな黄色のワンピース姿で到着。菅田将暉(23)、本田翼(24)、青木崇高(36)、岸谷五朗(52)ら共演陣も、続々と姿を見せた。一次会は9時過ぎに終了し、近くのダイニングバーを貸し切って二次会が開かれた。

 

「二次会の会場は、当日に予約しました。当初は別会場の予定だったのですが、石原さんをはじめ出演陣の『みんなで最終回を観たい!』という強い希望で、大型スクリーンを設置できるこの会場になったのです」(二次会出席者)

 

100人ほどが集まった会場では、スクリーンの正面に原作者の宮木あやこ、石原、菅田、青木らが陣取り談笑している。そうこうするうちに、いよいよ最終回が10時にスタート。シーンごとに歓声が湧いたり、固唾を飲んだりと見入る一同。そんななか、ひとり石原は、自分の演技を確認するかのように落ち着いた表情だった。

 

そして、ドラマはクライマックスへ。菅田演じる幸人が、主人公の悦子(石原)に告白するシーンが映し出された。

 

「その瞬間、菅田さんは顔を真っ赤にして、恥ずかしそうに大照れ。すぐ隣に座っていた石原さんは、そんな菅田さんをからかうように笑っていました」(前出・出席者)

 

エンドロールが流れると、全員総立ちで拍手。石原は万感胸に迫ったのか、目を潤ませていた。その勢いのままに全員そろっての記念撮影が始まる。

 

「石原さんと菅田さんは肩が重なるほど身体を密着させていました。菅田さんの顔はさっきよりさらに赤面していましたね」(前出・出席者)

 

11時半にお開きとなり、20人ほどがダーツバーでの三次会へ移動。石原が帰宅の途についたのは、日付も変わった午前2時半だった。

 

「クランクアップの際、石原さんは『20代最後の作品がこれでよかったと、そしてこれからもお芝居を続けていこうと思いました』としみじみと語っていました。今回の打ち上げでも、みんなに感謝の言葉を口にし、固い握手を交わすほど、演じ切った充実感でいっぱいだったようです」

 

石原は“地味にスゴイ”女優魂で、みごと主演ドラマを完走したのだった――。

【関連記事】

石原さとみ 美の秘訣は「リラックスする時間をもつこと」

石原さとみ セクシードレスで8時間「小栗旬へ朝まで奉公」
日本テレビ「水卜麻美」が「階段を使おう」の大号令

この記事が気に入ったら
いいね!/ フォロ− しよう

WEB女性自身の最新の情報をお届けします。

【注目アイテム】
「メスを使わない美容整形」コルギのパワーを自宅で!!
ジェニファー・ロペス、カイリー・ミノーグが「約20歳年下彼氏」を手に入れたワケ!
45歳、奇跡の美乳・原志保さんのボディを作るヒミツのグッズ公開!!
着るだけで、エステの効果がインナーに!!
可愛い47歳! 元CA佐藤亮子さんの大人気トラベルブランド

コラム・連載

もっと見る

女性自身チャンネル

もっと見る

“好感度1位”俳優パク・ボゴム 謙虚すぎる受け答えにウットリ2017.12.05

最旬スターのインタビューをお届けするK☆STAR LOVERS。今回のゲストは、今、韓国で最も愛される俳優のパク・ボゴム(24)。'16年に韓国で放送され、最高視聴率25.3%を記録した時代劇『雲が描...


ランキング