高樹沙耶 森山重成被告の妻もあきれる「拘置所で育む共闘愛」

投稿日: 2016年12月22日 12:00 JST

image

 

「本来なら拘留されないで保釈されるところです。しかし、彼女は、大麻使用は認めたものの“所持”を否認している状況のため、起訴後もまだ拘留されています」(沖縄のテレビ局記者)

 

16年10月25日に逮捕され、大麻取締法違反で11月15日に起訴された、高樹沙耶被告(53)。高樹被告がいまだに拘置所に留めおかれている現状には、同時に逮捕された同居人の森山重成被告(58)の存在が大きく関わっているという。

 

「彼女は、誰が大麻を所持していたかについて供述が二転三転し、明確に答えていません。いっぽう、愛人関係ともいわれる森山被告は、高樹被告をかばって『大麻はあくまで私のものです』と供述し、罪を一人でかぶるつもりのようです」(前出・テレビ局記者)

 

これまで二人三脚で大麻合法化運動をしてきた高樹被告と森山は、拘置所でも“阿吽の呼吸”で“共闘”をしているようだ。しかし、森山被告には妻がいる。今回、夫が高樹被告と一緒に逮捕されたことを、妻はどう受け止めているのか。本誌が彼女に取材すると、たったひとこと、あきれたような口調でこう答えた。

 

「その件は、けっこうですという感じです」

 

森山夫婦を古くから知る友人は、こう明かす。

 

「奥さんはまだ離婚するつもりはないようです。ただ、それは森山が所有するマンションに住んでいたりするので、いまの生活を変えたくないからでしょう。森山から家族には、身元引受人になってほしいといった話もないようです。あの2人は、もう東京の生活に未練はないんですよ。“大麻のユートピア”をつくりたくて、すべてを捨てて沖縄に行ったんだから。拘置所でもさらに“略奪愛”を育んでいるようにみえるじゃないですか。私らも、もう知りません」

 

17年1月に公判が開かれる予定だが、量刑について濱川俊弁護士はこう語る。

 

「大麻所持罪のは5年以下の懲役とされていますが、高樹被告は初犯ですし、懲役6カ月、執行猶予3年といったところになると思います」

 

執行猶予で釈放されたとして、今後、家族にも見放された2人はどうするのか。

 

「一緒に石垣島へ戻るでしょう。ただ戻ったとしても、二人で経営していたいわくつきの宿泊施設『虹の豆』にもう客は来ない。なので、そこを売るしかないと思います。売ったお金を元手にどこか別の土地で一緒に暮らすのでは」(前出・芸能関係者)

【関連記事】

高樹沙耶容疑者 本誌に語っていた“逆ハーレム生活”の夢

高樹沙耶容疑者 理想郷求め…“糧”にしてきた「7人の男」
高樹沙耶逮捕で話題の医療用大麻、医学界でも解禁に賛否両論

この記事が気に入ったら
いいね!/ フォロ− しよう

WEB女性自身の最新の情報をお届けします。

あなたにオススメ

【注目アイテム】
「メスを使わない美容整形」コルギのパワーを自宅で!!
ジェニファー・ロペス、カイリー・ミノーグが「約20歳年下彼氏」を手に入れたワケ!
45歳、奇跡の美乳・原志保さんのボディを作るヒミツのグッズ公開!!
着るだけで、エステの効果がインナーに!!
可愛い47歳! 元CA佐藤亮子さんの大人気トラベルブランド

コラム・連載

もっと見る

女性自身チャンネル

もっと見る

スヒョン入隊前の心境を吐露!U-KISSみんなで乗り越える新曲2017.10.17

U-KISSが14枚目のシングル『FLY』をリリース! 4月にケビンが卒業して以降、5人体制で挑むはじめてのシングルは苦しいことを乗り越えて前に進もうというメッセージが込められている。楽曲、そしてリ...


ランキング