1位はあの人!2016年下半期「女性自身」アクセスランキング10

投稿日: 2016年12月26日 17:00 JST

image

 

近年まれにみるほど騒動続きだった16年の芸能界。その下半期、WEB女性自身でいちばん読まれた記事はいったい何だったのか。調べてみると、上半期に続きまたもや意外な結果が待っていた!

 

参考:意外な1位が!2016年上半期「女性自身」アクセスランキングTOP10

 

 

まず、10位から6位まではコチラ。

 

【第10位】高島礼子 激やせ!苦悩の裏で高知東生が残す2ショットLINE

【第9位】藤原紀香 2度目披露宴は5億円!不安材料は“海老蔵の毒舌”

【第8位】『逃げ恥』新垣結衣輝かせる星野源の“イケメンすぎる気配り”

【第7位】観月ありさ ついに新居建設へ!総額16億円の凄すぎる全貌とは

【第6位】高畑淳子 6年前、渡辺淳一さんに相談していた“息子の性欲”

 

いずれも話題になった騒動ばかりだったものの、8位の星野源(35)と7位の観月ありさは11月にアップされたにもかかわらずランクイン。それだけ世間の注目が集中したといえそう!

 

【第5位】家族そろって車で外出も…北海道置き去り事件の家族はいま

そんななか5位にランクインしたのは、波紋を呼んだ「北海道置き去り事件」の続報記事。北海道駒ヶ岳麓で発見されたYくん(当時7)は、すっかり元気を取り戻していた様子。そんな一家を、気丈にも母親が大黒柱として家族を支えているようだった。

 

【第4位】小池百合子 独身なのになぜ…“同居”する5人の正体

続く4位は、小池百合子東京都知事(64)の記事。東京練馬区にある彼女の自宅を取材したところ判明した、“家族6人”での共同生活。TOP5に食い込む注目度からして、当選前からすでに勝負は決まっていたのかも!

 

【第3位】雨宮塔子 2児託して復帰に元夫の妻が怒り「あまりに身勝手」

そして3位は、『NEWS23』のキャスターとなった雨宮塔子(45)の記事がランクイン。古巣への17年ぶりカムバックに際して「2児を引き受ける」と申し出てくれた元夫。だがその現在の妻・A子さんが“異論”を唱えたことで、大きな波紋が!

 

【第2位】小林麻耶 誕生日も実家引きこもり…医師が懸念する現在の病状

注目の2位は、小林麻耶(37)の記事だった。がん闘病中の小林麻央(34)を支えてきた彼女。自身も休業中のなか献身的に妹を支えるその姿は、多くの人を引き付けてきた。そんな姉妹が元気になることを、みんなが願っています!

 

【第1位】高知東生逮捕で魅力を再確認!高島礼子にあってプロ愛人にない資質とは

怒涛の下半期、1位に輝いたのは10位に続いて高島礼子(52)!夫だった高知東生氏(52)が逮捕されるだけでなく、愛人との不倫まで発覚。おしどり夫婦だったのに、いったいなぜ!?そんな世間の疑問に答えた、おおしまりえさんの指摘は鋭かった!

 

今回紹介した記事以外にもさまざまな騒動が巻き起こった芸能界、あなたにとっていちばん印象に残ったニュースは?17年も芸能界から目が離せない!

【関連記事】

16年“ゲス不倫”騒動メッタ切り!そこから見えた共通点とは

辛酸なめ子とおおしまりえ選ぶ「16年ゲスだったで賞」大賞は
16年炎上テーマは〇〇!芸能報道から読み解く今年のトレンド

この記事が気に入ったら
いいね!/ フォロ− しよう

WEB女性自身の最新の情報をお届けします。

【注目アイテム】
「メスを使わない美容整形」コルギのパワーを自宅で!!
ジェニファー・ロペス、カイリー・ミノーグが「約20歳年下彼氏」を手に入れたワケ!
45歳、奇跡の美乳・原志保さんのボディを作るヒミツのグッズ公開!!
着るだけで、エステの効果がインナーに!!
可愛い47歳! 元CA佐藤亮子さんの大人気トラベルブランド

コラム・連載

もっと見る

女性自身チャンネル

もっと見る

“好感度1位”俳優パク・ボゴム 謙虚すぎる受け答えにウットリ2017.12.05

最旬スターのインタビューをお届けするK☆STAR LOVERS。今回のゲストは、今、韓国で最も愛される俳優のパク・ボゴム(24)。'16年に韓国で放送され、最高視聴率25.3%を記録した時代劇『雲が描...


ランキング