SMAPがいた楽屋、継いだのは? TVが報じない紅白舞台裏

投稿日: 2017年01月05日 00:00 JST

image

 

SMAP不在で視聴率が心配された紅白歌合戦。フタを開けてみれば、後半の第2部が40.2%の“大台”を回復する、上出来の結果に。リハ&本番の合計4日間、本誌記者が密着した舞台裏では次々とハプニングが起きていた!

 

今回初司会の有村架純(23)は、初の紅白に緊張しきっていた。リハでは乃木坂46を「乃木坂フォーティーチックス」と噛みまくり、“恋ダンス”もうろ覚えで周囲をハラハラさせた。本番当日のリハで、ついに感情が飽和点に達したのか、泣きながら目頭を押さえ、舞台裏に引っ込んでしまった。

 

彼女のあとを心配そうに、白組司会の嵐・相葉雅紀(34)と、総合司会の武田真一アナが追いかける。相葉と武田に励まされ、10分後、舞台に戻った有村の表情は笑顔に変わっていた。

 

言うまでもなく、相葉を支えたのは嵐のメンバーだ。本番では、有村にかわって松本潤(33)が大竹しのぶ(59)を紹介し、二宮和也(33)が企画枠の幕開けを告げるなど、相葉の晴れ舞台を全力サポート。大トリではメンバー5人でスーパーヒットメドレーを歌い上げ、感極まった相葉は、紅白司会を無事やり遂げた安堵の涙を流した。

 

そして今回特に目を引いたのが、大物歌手に華を添えるという異色のコラボだ。本田望結(12)は、天童よしみ(62)と共演。グラビアアイドルの橋本マナミ(32)は、香西かおり(52)のバックダンサーとして登場した。本誌記者も、Tシャツ姿で額に汗して練習する橋本を楽屋口で目撃。

 

「連日、NHKのスタジオを借りて1人で“居残り特訓”をやっていました。3カ月前から極秘レッスンを重ね、5キロも減量したそうです」(テレビ局関係者)

 

世界ツアーの香港公演が延期になった影響でリハをドタキャンしたのは、X‐JAPANのYOSHIKI(51)。本番当日に会見に応じたYOSHIKIは香港公演から直接リハに現れた。70時間以上寝ていないというのに、笑顔を絶やさない神対応。報道陣をうならせた。

 

そして、SMAP不在となった今回。いつも彼らが使っていた“伝説の楽屋”を使用していたのは、Kinki Kidsの2人。

 

「本来なら、出場回数がSMAPと同じTOKIOが使用するはずでした。しかしTOKIOは都庁からの中継だったため、繰り上がってKinki Kidsが使用することになりました」(前出・テレビ局関係者)

 

ハプニングですらドラマになる紅白は、舞台裏も見逃せない!

【関連記事】

SMAP「紅白初出場」で司会の浅野ゆう子が漏らした感嘆の言葉

ウエンツ語るSMAP中居の助言「歌う気あるなら解散すんな!」
松本人志、SMAP解散に「モヤモヤ感を残したのは残念」

この記事が気に入ったら
いいね!/ フォロ− しよう

WEB女性自身の最新の情報をお届けします。

あなたにオススメ

【注目アイテム】
「メスを使わない美容整形」コルギのパワーを自宅で!!
ジェニファー・ロペス、カイリー・ミノーグが「約20歳年下彼氏」を手に入れたワケ!
45歳、奇跡の美乳・原志保さんのボディを作るヒミツのグッズ公開!!
着るだけで、エステの効果がインナーに!!
可愛い47歳! 元CA佐藤亮子さんの大人気トラベルブランド

コラム・連載

もっと見る

女性自身チャンネル

もっと見る

スヒョン入隊前の心境を吐露!U-KISSみんなで乗り越える新曲2017.10.17

U-KISSが14枚目のシングル『FLY』をリリース! 4月にケビンが卒業して以降、5人体制で挑むはじめてのシングルは苦しいことを乗り越えて前に進もうというメッセージが込められている。楽曲、そしてリ...


ランキング