大河のヒロインが映す時代1~ひずみの時代に求められたたくましい姿

投稿日: 2017年01月14日 06:00 JST

image

 

今年スタートした『おんな城主 直虎』で56作目となるNHK大河ドラマ。国民的番組のこのドラマは、つねに時代を映しつづけてきた。そこで、“大河のヒロインが映す時代”と題し、豪華な女優たちが演じたヒロイン像とその“時代”を、テレビウオッチャーでコラムニストの林操氏とともに振り返る−−。

 

■1973〜1982年「ひずみの時代」に初の単独女性主人公で高視聴率を記録した『おんな太閤記』

 

高度成長期が終わりを迎えたこの時代。公害やオイルショックなど、それまでの“経済最優先”のひずみが、庶民の生活にも影を落としはじめていた。

 

そんな中、“男性中心”が続いていた大河ドラマも、’79年に一つの転換点を迎えることになる。『草燃える』(’79年)で岩下志麻が演じた「尼将軍」北条政子の登場である。

 

「大河ドラマの中で、初めて、『男に寄り添う女』といった感じのしないキャラクターでした。凛として、たくましい女性像が与えたインパクトはすごい」(林氏・以下同)

 

源頼朝を演じた石坂浩二とのダブル主演というかたちでのスタートだったが、ドラマ中盤で頼朝が死んでからは、「尼将軍」と呼ばれた政子がメインとなり、物語が展開していった。

 

「言葉遣いも現代風なうえに撮影方法も斬新なところがあって、いろんな意味でユニークな大河でした」

 

そしてその2年後には、ついに女性が単独で主役となる。橋田壽賀子が初めて大河ドラマの脚本を執筆した『おんな太閤記』(’81年)である。主人公のねねを演じたのは当時42歳、活動の場をテレビに移していた佐久間良子だ。

 

劇中では「おかか」と呼ばれ、秀吉(西田敏行)からも慕われたねね。時代に翻弄されながらも、自らの意志にしたがって生きる、強くたくましい姿が人気を集め、平均視聴率は30%を超えた。

 

戦後復興から高度成長期を経て、さまざまな“ひずみ”が生じてきたこの時代。動乱の時代を生き抜いたヒロインが求められていたのだろう。

【関連記事】

柴咲コウ「飛躍するための準備を重ねてきました」と、意気込み

朝ドラ、大河…井上真央がNHKに寵愛される理由
【今週の対決】「大河ドラマ検定」に挑戦してみた!

この記事が気に入ったら
いいね!/ フォロ− しよう

WEB女性自身の最新の情報をお届けします。

あなたにオススメ

【注目アイテム】
「メスを使わない美容整形」コルギのパワーを自宅で!!
ジェニファー・ロペス、カイリー・ミノーグが「約20歳年下彼氏」を手に入れたワケ!
45歳、奇跡の美乳・原志保さんのボディを作るヒミツのグッズ公開!!
着るだけで、エステの効果がインナーに!!
可愛い47歳! 元CA佐藤亮子さんの大人気トラベルブランド

コラム・連載

もっと見る

女性自身チャンネル

もっと見る

スヒョン入隊前の心境を吐露!U-KISSみんなで乗り越える新曲2017.10.17

U-KISSが14枚目のシングル『FLY』をリリース! 4月にケビンが卒業して以降、5人体制で挑むはじめてのシングルは苦しいことを乗り越えて前に進もうというメッセージが込められている。楽曲、そしてリ...


ランキング