【ポップな心霊論】そのラップ音、怖がらなくて大丈夫です

投稿日: 2017年01月23日 17:00 JST

image

 

「ポップな心霊論」は、よしもとクリエイティブ・エージェンシー所属の“霊がよく見える”ピン芸人・シークエンスはやとも(25)が、霊とともに歩んで人生で見てきた霊たちを紹介していく企画。彼は小学3年生のとき、目の前で殺された人にとりつかれたことをきっかけに、自分が霊が見える人間だと知った。

 

【そのラップ音、怖がらなくて大丈夫です(たぶん)】

 

自分以外誰もいない部屋で突然“ガタッ”“ピシッ”と音がするラップ音。「霊がいる!?」と怖がっている方、いるかもしれません。が、心配しなくて大丈夫。僕が霊を見てきた体験上からして、ラップ音のほとんどは(ただし、ゼロではない!)、霊の仕業ではないと思います。たぶん、普通に建物のきしむ音とかです。

 

霊が人間にわかるような“物音を出す”ってすごくたいへんなこと。霊ができることって限られてますから。だって、そういうもろもろが普通にできちゃったら、生きてるのも死んでるのも、あまり変わらないですし。

 

たとえば、物を動かして物音を起こすとして。基本、霊は物、触れません。1本のペンを持ち上げるのも“ウォーッ”てメチャクチャ頑張って念力みたいなの送って、やっとちょこっとペンが動くかどうかくらいのイメージ。壁や床を叩いて物音を出すっていうこともけっこうなエネルギーを使うはず。

 

そんなに頑張って、ラップ音を起こして何の得があるのか、と。それでも、ラップ音を起こす霊って、よっぽど伝えたいことがあると思うんですけど、たとえば何かを伝えたいと思ったら、昔の霊ならいざ知らず、最近の霊はLINEやメールとか使ってるんじゃないかなー。

 

霊とLINEの話は、次回に。

【関連記事】

“見える”芸人・シークエンスはやともの「ポップな心霊論」

【ポップな心霊論】霊能力が目覚めた小3のときの殺人事件
「霊の存在を確信」東大病院“住込み救命医”が導く生と死

この記事が気に入ったら
いいね!/ フォロ− しよう

WEB女性自身の最新の情報をお届けします。

【注目アイテム】
「メスを使わない美容整形」コルギのパワーを自宅で!!
ジェニファー・ロペス、カイリー・ミノーグが「約20歳年下彼氏」を手に入れたワケ!
45歳、奇跡の美乳・原志保さんのボディを作るヒミツのグッズ公開!!
着るだけで、エステの効果がインナーに!!
可愛い47歳! 元CA佐藤亮子さんの大人気トラベルブランド

コラム・連載

もっと見る

女性自身チャンネル

もっと見る

“好感度1位”俳優パク・ボゴム 謙虚すぎる受け答えにウットリ2017.12.05

最旬スターのインタビューをお届けするK☆STAR LOVERS。今回のゲストは、今、韓国で最も愛される俳優のパク・ボゴム(24)。'16年に韓国で放送され、最高視聴率25.3%を記録した時代劇『雲が描...


ランキング