和田アキ子、紅白落選後の心境を告白「もう紅白はないな」

投稿日: 2017年01月28日 00:00 JST

image

 

歌手・和田アキ子(53)が27日放送の「ダウンタウンなう」(フジテレビ系)で、昨年の紅白歌合戦落選についてその心境を明かした。

 

昨年の暮れ、大きなニュースとなった和田の紅白落選。’70年に「笑って許して」で紅白初出場を果たした和田は、その後紅組のトリを7回、司会を3回を務め、通算出場は39回。昨年、選ばれていれば通算40回出場となっていた。

 

そんな節目の年の紅白落選について、和田は「これね、しゃべってないんですよ、私。今更しゃべることでもなし、もう終わったことやから」と前置きした上で、次のように話した。

 

「ただね、みんな毎年出てると思ってるけど、私(初出場から)9年間出てて。10年目、がんばろうと思ったとき落とされたんですよ。んで8年間、落とされててん」

 

’70~’78年の9年間、紅白に連続出場した和田だったが、その後’86年まで8年間、紅白出場依頼はなかったという。

 

「そして、(’86年に出場依頼の)話がきたときに『何のため出んの?いらない』って言ったら、ウチのマネージャーが『断る理由がない』って。『あ、確かに』って言って、トリも取らしてもらって、司会もやらしてもらって。それで、去年は出していただくと、全部で(紅白出場が)40回になると思って……。もうちょっと、大人の対応をしてほしかった。やっぱり、持ちつ持たれつやったから」

 

和田がもらした本音に、ダウンタウン・松本人志(53)は「でも復活してほしいですけどね」と問いかけたが、和田は「私はもうないな」ときっぱり。「もう十分。勉強もさせていただいたし。ありえない」と語った。

【関連記事】

紅白落選で日本脱出!和田アキ子が復活のために必要なことは

指原ディナーショー成功で見えた!新しい芸能人ビジネスの形
水前寺清子語った大物歌手との確執 「売られたケンカは買う」

この記事が気に入ったら
いいね!/ フォロ− しよう

WEB女性自身の最新の情報をお届けします。

あなたにオススメ

【注目アイテム】
「メスを使わない美容整形」コルギのパワーを自宅で!!
ジェニファー・ロペス、カイリー・ミノーグが「約20歳年下彼氏」を手に入れたワケ!
45歳、奇跡の美乳・原志保さんのボディを作るヒミツのグッズ公開!!
着るだけで、エステの効果がインナーに!!
可愛い47歳! 元CA佐藤亮子さんの大人気トラベルブランド

コラム・連載

もっと見る

女性自身チャンネル

もっと見る

スヒョン入隊前の心境を吐露!U-KISSみんなで乗り越える新曲2017.10.17

U-KISSが14枚目のシングル『FLY』をリリース! 4月にケビンが卒業して以降、5人体制で挑むはじめてのシングルは苦しいことを乗り越えて前に進もうというメッセージが込められている。楽曲、そしてリ...


ランキング