高橋一生 極秘闘病からの復活を支えた「亡き祖母への思い」

投稿日: 2017年03月14日 00:00 JST

image

 

ドラマ『カルテット』(TBS系)での高い演技力と独特の魅力で、大ブレークしている高橋一生(36)。その人気ぶりは“ポスト星野源(35)”と呼ばれるほどだ。

 

地道な努力が実り、人気俳優の座を射止めた高橋。だがその背景には過酷な試練を乗り越えてきたつらい過去があった。07年の大河ドラマ『風林火山』と『医龍2』の出演がきっかけで注目の若手俳優の1人に。翌08年には連続ドラマ2本、映画1本、舞台3本と引っ張りだこの活躍だったのだが、そのころ彼を病魔が襲っていたという。

 

演劇関係者によると、高橋は鼻の右側にあったデキモノが気になり08年秋に病院へ。そこで告げられたのは『すぐ手術して腫瘍を摘出する必要がある』という深刻な診断。さらに傷痕が残ってしまう可能性も指摘されるなど“役者生命”に関わる手術だったというのだ。

 

しかし予断を許さない状態だったため、高橋は09年に摘出手術を決断。手術は無事成功したものの、鼻に大きい手術痕が残ってしまったという。病気が完治するのかという不安を抱えての半年間の闘病生活。そんな“苦悶の日々”を支えたのは、4人の弟の存在だった。

 

「実は高橋さんは5人兄弟の長男。母親が2度離婚し、再婚を繰り返したことで、3人の父親がいます。そんな複雑な家庭環境のなか、家族を支えてきたのが高橋さんだったのです。弟たちの父親代わりも務めていましたから、高橋さんは常に『自分が病に倒れるわけにはいかない!』と思って生きてきたのでしょうね」(前出・演劇関係者)

 

復帰後はどんどん仕事が増え、そしていまや、大河ドラマ『直虎』の準主役を張るまでになった。また「高橋さんが、今のブレイクぶりをいちばん見せたいのは、天国にいるおばあさんでしょうね」と語るのは、高橋家をよく知る知人だ。

 

「高橋さんの両親はすでにどちらも他界しているのですが、彼は離婚を繰り返すお母さんのことが大嫌いだったそうで……。彼は幼い頃からおばあさんに育てられたのです」

 

小学校時代の高橋は、人と話すのが苦手な大人しい少年だったという。

 

「彼の引っ込み思案を心配したおばあさんが、彼を児童劇団に入れたんです。そのおかげでいまがあるわけですから、高橋さんはおばあさんには感謝してもしきれない気持ちなのでしょう」(前出・知人)

 

高橋は愛する祖母についてこう語っている。

 

《すでに他界した祖母は、ドラマや映画が大好きだった。僕が子どもの頃、毎週土曜日は祖母の家に行き、夜遅くまで一緒にビデオを観て過ごしました。祖母が僕を劇団に入れたのは、自分が好きな映画やドラマに孫が出演したら嬉しいという気持ちがあったからかも》(『婦人公論』09年10月7日号)

 

天国の祖母は、病気を乗り越え役者として花開いた自慢の孫をどれほど誇りに思っていることだろう。

【関連記事】

高橋一生 役者生命の危機…鼻の手術痕に刻まれた極秘闘病半年

高橋一生 異父兄弟支え奮闘…その陰で抱えていた“硝子の心”
高橋一生はなぜ人気?『an・an』ヌードに届いた“女の本音”

この記事が気に入ったら
いいね!/ フォロ− しよう

WEB女性自身の最新の情報をお届けします。

【注目アイテム】
「メスを使わない美容整形」コルギのパワーを自宅で!!
ジェニファー・ロペス、カイリー・ミノーグが「約20歳年下彼氏」を手に入れたワケ!
45歳、奇跡の美乳・原志保さんのボディを作るヒミツのグッズ公開!!
着るだけで、エステの効果がインナーに!!
可愛い47歳! 元CA佐藤亮子さんの大人気トラベルブランド

コラム・連載

もっと見る

女性自身チャンネル

もっと見る

3分で種明かし!手の灰が移動する仰天ハロウィンマジック2017.10.31

「ハロウィンでどんな仮装をしてまわりのみんなを驚かせようか」と考えているあなた!マジックを使って、さらに驚かせてみてはいかが?当日までに仰天のハロウィンマジックを覚えて、ワンランク上の夜を楽しもう! ...


ランキング