川谷活動再開の陰でベッキーが熱望「槇原敬之の曲」発売計画

投稿日: 2017年04月14日 06:00 JST

image

 

「彼女はひそかに4月から、司会業で地上波のテレビ番組への本格復帰を目指していたんです。しかし結局それもかなわず、落ち込んでいると聞いています」(テレビ局関係者)

 

“ゲス不倫”騒動から1年3カ月、本格復帰にはまだ至っていないベッキー(33)。じつは番組MCよりも彼女が熱望する“仕事”があったという。

 

「それは歌です。彼女にとって8枚目のシングルになるはずだった曲で作詞・作曲は槙原敬之(47)さんです。ベッキー本人が大ファンだったということで、15年初頭にベッキーサイドが槙原さんにオファーし、すでに曲は完成していたと聞いています。しかし、16年1月の不倫騒動でお蔵入りしてしまったようなんです。制作は進んでいたので、槙原さんサイドも曲が出せなくなって頭を抱えていたそうです」(音楽関係者)

 

いっぽうで、不倫相手として同じくバッシングを受けた川谷絵音(28)が所属するバンド『ゲスの極み乙女。』が5月に活動再開することが発表された。前出・音楽関係者はこう語る。

 

「川谷さんのアルバムは発売されますが、ベッキーの歌はいまも発売の見通しは立っていません。歌の内容は恋愛をモチーフにしたもの。さすがにまだ不倫騒動を生々しく思い起こさせるので、出せないという判断は変わらなかったようです」

 

彼女は、もともと音楽が好きで、アーティスト志向が強かったという。

 

「これまで出した曲もSMAPの曲の詞を書いた作詞家や宇多田ヒカルのプロデュースに関わった人など、相当な力の入れようでした。それでも大ヒットには恵まれませんでした。彼女も休養期間中に歌詩を書きためていたようですし、槙原さんが作った曲を出して、音楽で認められたいという思いがあったようです」(レコード会社関係者)

 

先月、BSの音楽番組に出演したベッキーは、久しぶりにテレビカメラの前で歌った。

 

「かなり緊張していましたが、力強く自分の持ち歌を唄い切っていました。本当に歌が好きという気持ちがにじみ出ていましたね」(前出・レコード会社関係者)

 

だが、ベッキーの所属事務所に取材すると、こんな返答があった。

 

「私どもで槙原さんに曲を依頼したことは事実です。15年初頭のことだったと思います。ただ曲ができあがっていることもレコーディングが進んでいることも把握していません。いまは目の前の、いただいた仕事を一つ一つこなしていくだけなので、歌を出すというのは3年4年先になるのではないでしょうか」

 

ベッキーの思いとは逆に、“音楽の道”はまだまだ開けそうにない。

【関連記事】

ベッキー 担当歴10年メークが明かした“復帰後の変化”

ベッキー 巨大マスクで変装…会見前日に見た“爆買い現場”
ベッキー「ドラマで完全復帰…」仰天の女優転身計画が浮上

この記事が気に入ったら
いいね!/ フォロ− しよう

WEB女性自身の最新の情報をお届けします。

あなたにオススメ

【注目アイテム】
「メスを使わない美容整形」コルギのパワーを自宅で!!
ジェニファー・ロペス、カイリー・ミノーグが「約20歳年下彼氏」を手に入れたワケ!
45歳、奇跡の美乳・原志保さんのボディを作るヒミツのグッズ公開!!
着るだけで、エステの効果がインナーに!!
可愛い47歳! 元CA佐藤亮子さんの大人気トラベルブランド

コラム・連載

もっと見る

女性自身チャンネル

もっと見る

スヒョン入隊前の心境を吐露!U-KISSみんなで乗り越える新曲2017.10.17

U-KISSが14枚目のシングル『FLY』をリリース! 4月にケビンが卒業して以降、5人体制で挑むはじめてのシングルは苦しいことを乗り越えて前に進もうというメッセージが込められている。楽曲、そしてリ...


ランキング