ブルゾンちえみ 20キロ激太り…ブレーク陰にあった将来の苦悩

投稿日: 2017年05月25日 06:00 JST

image

 

「彼女は常に一生懸命なコ。そして明るいけど、よく泣く子でもありました。『R-1』決勝戦でも言葉に詰まり、優勝できずに号泣していましたよね。きっと陰ですごい努力をしていたと思うんです。だから悔しかったのでしょう。そんなところを見ていると『あのころとちっとも変わっていないなぁ』と胸が熱くなりましたね」

 

そう語るのは、ブルゾンちえみ(26)の高校時代の同級生だ。今年元日の『ぐるナイ!おもしろ荘』(日本テレビ系)で優勝し、2月に行われた『R-1ぐらんぷり2017』(関西テレビ)でも決勝進出すると一躍大ブレークを果たした。

 

そんな彼女は、岡山県郊外ののどかな街で育った。幼少期から人を笑わせるのが大好きで、小学校時代には友達とお笑いコンビを組んでいたことも。当時から人気者だった。大学は教師だった父の後を追うかのように教育学部へ。だが、このときから“ある変化”が。

 

「20歳の成人式のときに、地元で会いました。そのとき会場にやってきた彼女が、まるで別人のようでした。後ろを刈り上げたような金髪ショートヘアで、ビックリするくらい太っていたんです。聞けば、入学してから2年間で20キロくらい太ったとのこと。『ストレスで過食に走ってしまった……』と言っていました」(中学時代の同級生)

 

中学から高校にかけて陸上に打ち込んでいたため、ガリガリだったというブルゾン。そんな彼女が一転して、激太りしていたのだ。当時の彼女は占い師に見てもらうなど、進路に思い悩んでいたようだ。

 

「1年後ぐらいにまた同窓会で会ったとき、彼女が『大学中退して地元に戻ってきた』と言ったんです。『占い師に相談したら“あんたは芸人になれる”と言われた。だから芸人を目指そうかな』とも告白。これには、みんな唖然としていました」(前出・中学時代の同級生)

 

大学中退後は地元のファーストフード店でアルバイトをしながら劇団に参加。その後は大阪の音楽学校へ入ったが、占い師の言葉が忘れられなかったのだろう。東京に行き、お笑いの道に進む決意をする。そんな転身を支えたのは他ならぬ両親だった。

 

「大学卒業まであと少しのタイミングで辞めて芸人になるなんて、普通の親だったら激怒してもおかしくないですよね。でもご両親はいっさい反対せず、彼女を応援し続けていました。彼女も、そんなご両親に感謝しているようでしたね」(近所の商店主)

【関連記事】

三浦マイルド 「R-1」ブルゾンちえみの舞台裏の緊張明かす

横澤夏子も大号泣!“焦って結婚に失敗する女”の特徴とは?
再ブレーク芸能人激増もエド・はるみのこれからが不安な理由

この記事が気に入ったら
いいね!/ フォロ− しよう

WEB女性自身の最新の情報をお届けします。

あなたにオススメ

【注目アイテム】
「メスを使わない美容整形」コルギのパワーを自宅で!!
ジェニファー・ロペス、カイリー・ミノーグが「約20歳年下彼氏」を手に入れたワケ!
45歳、奇跡の美乳・原志保さんのボディを作るヒミツのグッズ公開!!
着るだけで、エステの効果がインナーに!!
可愛い47歳! 元CA佐藤亮子さんの大人気トラベルブランド

コラム・連載

もっと見る

女性自身チャンネル

もっと見る

スヒョン入隊前の心境を吐露!U-KISSみんなで乗り越える新曲2017.10.17

U-KISSが14枚目のシングル『FLY』をリリース! 4月にケビンが卒業して以降、5人体制で挑むはじめてのシングルは苦しいことを乗り越えて前に進もうというメッセージが込められている。楽曲、そしてリ...


ランキング