真木よう子「泥酔して撮影ムリ」ドタキャン騒動の意外な真相

投稿日: 2017年09月07日 06:00 JST

image

 

「ここ最近の彼女は浮き沈みが激しいんです。周囲を圧倒するほどハイテンションなこともあれば、一転して落ち込んでいることもあって。あまりに起伏があるため、スタッフからも『彼女は大丈夫なのかな?』と心配の声があがっていました」(ドラマ関係者)

 

真木よう子(34)の“大暴走”が止まらない。

 

視聴率が低迷する主演ドラマ「セシルのもくろみ」(フジテレビ系)を救うべく、Twitterで宣伝するなど奮闘してきた彼女。だが“コミケでフォトマガジンを販売する”として資金集めを始めたところ「自費出版が原則になっているコミケの流儀に反する」と批判が殺到。8月28日には出展を撤回し謝罪、29日にはTwitterアカウントを削除する事態となった。

 

さらに30日には、29日に行われる予定だった「セシルのもくろみ」の撮影を“ドタキャン”したとの報道が浮上した。いったい、彼女に何があったのか。

 

「ドタキャンの理由は『体調不良』ということになっています。でも実は前日にかなりお酒を飲みすぎたらしく、とても撮影をできるような状態ではなかったそうなんです。一連の炎上を受けて、よほど精神的にも堪えていたのでしょうね」(前出・ドラマ関係者)

 

さらに彼女の“ドタキャン”は今回が初めてではなかったという。

 

「撮影を完全に中止したことは、これまでありませんでした。でも何度か遅刻をしたことがあったんです。午前中の撮影ができず、スケジュールが午後にずれ込んでしまいました。主演女優が遅刻して撮影を止めるなんて、本来はありえない。ドタキャンなんてもってのほかです。スタッフからも『呆れた』との声があがっていました」(前出・ドラマ関係者)

 

だがいっぽうでは、彼女に対して同情する声も聞こえてきているようだ。

 

「もともと彼女はドラマの視聴率を上げるために、本当に頑張ってきました。ツイッターでも『(ドラマを)見てください!』と言って土下座動画をアップ。ニュースでも取り上げられるなど、宣伝に協力していました。だからこそ彼女が“トラブル”を繰り返しても、『真木さんだから仕方ないよ』とフォローしてくれる人もいますね」(別のドラマ関係者)

 

実際、30日に復帰した真木は心を入れ替えたように撮影に臨んでいた。

 

「最近はすっかりいつもの真木さんに戻っています。長丁場の撮影でも驚くほどの集中力を見せていますし、最後まで視聴率アップを目指しています」(前出・別のドラマ関係者)

 

ドラマは第9話での終了が決定している。真木は有終の美を飾ることができるのか!?

【関連記事】

真木よう子はなぜ炎上したのか?裏目続きなときに大切なこと

真木よう子 ツイッターアカウントを削除 コミケ騒動が原因か
真木よう子“女優廃業危機”に猛反論!「記者の名前出して」

この記事が気に入ったら
いいね!/ フォロ− しよう

WEB女性自身の最新の情報をお届けします。

【注目アイテム】
「メスを使わない美容整形」コルギのパワーを自宅で!!
ジェニファー・ロペス、カイリー・ミノーグが「約20歳年下彼氏」を手に入れたワケ!
45歳、奇跡の美乳・原志保さんのボディを作るヒミツのグッズ公開!!
着るだけで、エステの効果がインナーに!!
可愛い47歳! 元CA佐藤亮子さんの大人気トラベルブランド

コラム・連載

もっと見る

女性自身チャンネル

もっと見る

“好感度1位”俳優パク・ボゴム 謙虚すぎる受け答えにウットリ2017.12.05

最旬スターのインタビューをお届けするK☆STAR LOVERS。今回のゲストは、今、韓国で最も愛される俳優のパク・ボゴム(24)。'16年に韓国で放送され、最高視聴率25.3%を記録した時代劇『雲が描...


ランキング