綾瀬はるかの新ドラマに周囲が並々ならぬ期待を寄せる理由

投稿日: 2017年09月18日 14:00 JST

image

 

ついに最終回を迎えた、日本テレビ系ドラマ「過保護のカホコ」に主演の高畑充希(25)。同枠で10月4日からスタートするドラマ「奥様は、取り扱い注意」で主演を務めるのは綾瀬はるか(32)だが、そのバトンタッチセレモニーが9月9日に行われ話題を呼んでいる。

 

NHKの大河ドラマや朝ドラでのバトンタッチセレモニーはもはや恒例のイベントだが、民放キー局では異例。実現した背景には、同局の綾瀬のドラマに対する並々ならぬ期待の現れだというのだ。

 

「高畑さんは所属事務所の後輩ということもあり、互いのスケジュールもうまく調整できた。そのためスムーズに、イベント実現へとこぎ着けることができました。そこまでしてバトンタッチセレモニーを行った理由は、綾瀬さんのドラマを少しでも多くPRしたいがためだったといいます」(芸能デスク)

 

綾瀬は新ドラマで正義感が強く、一度怒ったら手がつけられない主婦役。夫役を結婚しても人気が衰えない西島秀俊(46)が演じる。

 

原案・脚本はV6の岡田准一(36)主演の人気シリーズ「SP」で知られる小説家の金城一紀氏(47)とあって、アクションシーンも盛り込まれているという。綾瀬にとって新境地開拓が期待される作品となりそうだ。

 

「主演作は多い綾瀬さんですが、このところはやや“消化不良”気味でした。代表作と言われれば、主演ドラマで映画化もされた『ホタルノヒカリ』ですからね。でも、綾瀬さんはスタッフや関係者からの受けがすこぶる良いんです。今回のドラマでは、周囲が『この作品で女優としてステップアップさせたい』と意気込むほどです」(日本テレビ関係者)

 

強力なバックアップを受ける綾瀬だけに、思いっきり演技に集中できそうだ。

【関連記事】

綾瀬はるか 視聴率不振の『精霊の守り人』で見せた意外な姿

綾瀬はるか「余りものを大御所俳優に渡した」仰天エピソード
綾瀬はるか 主演ドラマ撮影中で「“強いオンナ”の気が抜けない」

この記事が気に入ったら
いいね!/ フォロ− しよう

WEB女性自身の最新の情報をお届けします。

あなたにオススメ

【注目アイテム】
「メスを使わない美容整形」コルギのパワーを自宅で!!
ジェニファー・ロペス、カイリー・ミノーグが「約20歳年下彼氏」を手に入れたワケ!
45歳、奇跡の美乳・原志保さんのボディを作るヒミツのグッズ公開!!
着るだけで、エステの効果がインナーに!!
可愛い47歳! 元CA佐藤亮子さんの大人気トラベルブランド

コラム・連載

もっと見る

女性自身チャンネル

もっと見る

3分で種明かし!マッチが再び燃える仰天ハロウィンマジック2017.10.24

「ハロウィンでどんな仮装をしてまわりのみんなを驚かせようか」と考えているあなた!マジックを使って、さらに驚かせてみてはいかが?当日までに仰天のハロウィンマジックを覚えて、ワンランク上の夜を楽しもう! ...


ランキング