カルロス・トシキ ブラジルで種苗会社のニンニク部門幹部に

投稿日: 2017年12月01日 11:00 JST

image

 

58年に創刊され、多くの芸能人が登場してきた『女性自身』が2800号をむかえた。彼らは今、何をしているのか。“意外なその後”を大追跡!

 

『1986オメガトライブ』でボーカルを務めたカルロス・トシキ(53)は95年、椎間板ヘルニアを患い静養のため祖国ブラジルに帰国。音楽活動も休止した。

 

「帰国後は実家のレストランなどを手伝っていましたが、今は知人が営む種苗会社でニンニク部門の責任者として働いています」

 

そう語るのは、カルロス本人。今の仕事を始めてから、ブラジルの国立大にも入り直して勉強したという。

 

「仕事の合間にボイストレーニングをして、今年は久々に日本でライブツアーも行いました。僕がライブをやっているのをまだ知らない人も多いと思うけど、昔来てくれた人が集まってくれたら嬉しいね。来年2月にまた日本でライブをやります。種苗会社なんで、その時期が暇なんだ(笑)」

【関連記事】

小室哲哉「瞬間を大事に」病乗り越える夫婦愛に感動の声続出

寺尾聰 リアル『陸王』…妻と乗り越えた“借金2億円”危機

星野源に特例対応! 3週間有給休暇で源ロス嘆くファン続出

この記事が気に入ったら
いいね!/ フォロ− しよう

WEB女性自身の最新の情報をお届けします。

【注目アイテム】
「メスを使わない美容整形」コルギのパワーを自宅で!!
ジェニファー・ロペス、カイリー・ミノーグが「約20歳年下彼氏」を手に入れたワケ!
45歳、奇跡の美乳・原志保さんのボディを作るヒミツのグッズ公開!!
着るだけで、エステの効果がインナーに!!
可愛い47歳! 元CA佐藤亮子さんの大人気トラベルブランド

コラム・連載

もっと見る

女性自身チャンネル

もっと見る

“韓国で最も有名な日本人”KangNam「日本と韓国の架け橋に!」2018.04.17

今回のK☆STAR LOVERSのゲストは、“韓国で最も有名な日本人”として日本のバラエティ番組でも活躍する歌手KangNam(カンナム・31)。 この日は、ネプチューンの名倉潤と、河本準一(次長課...


ランキング