西城秀樹 脳梗塞克服へ…ファン感動させた不屈YMCAポーズ

投稿日: 2017年12月02日 06:00 JST

image

 

58年に創刊され、多くの芸能人が登場してきた『女性自身』が2800号をむかえた。彼らは今、何をしているのか。“意外なその後”を大追跡!

 

“新御三家”として本誌の表紙を数え切れないほど飾ってくれた西城秀樹(62)も、2度の脳梗塞を経験。現在もリハビリを続けている。

 

「ステージでは『ヤングマン』のYMCAのポーズも、左手だけを挙げて左右に振るのがやっと。舞台でもほとんど椅子に座っていました」(観客)

 

だがその懸命な姿にファンは惹かれているようだ。

 

「10月はソロコンサートが3本終わったばかり。『同窓会コンサート』などでも全国を精力的に回っています。オフの日は歩行訓練や発声練習など、とにかくトレーニング三昧ですね」(所属事務所)

 

2児の父親でもある西城。

 

「奧さんの献身的な世話ぶりは頭が下がります。奧さんがいなければ、いまステージに立てるかどうか……」(知人)

【関連記事】

西城秀樹語る新御三家時代「YMCAの振付は僕のアイデア」

西城秀樹「自死も考えた…」脳梗塞後遺症との闘い3年間

西城秀樹 還暦引退の真相は?「言った覚えがない」完全否定

この記事が気に入ったら
いいね!/ フォロ− しよう

WEB女性自身の最新の情報をお届けします。

【注目アイテム】
「メスを使わない美容整形」コルギのパワーを自宅で!!
ジェニファー・ロペス、カイリー・ミノーグが「約20歳年下彼氏」を手に入れたワケ!
45歳、奇跡の美乳・原志保さんのボディを作るヒミツのグッズ公開!!
着るだけで、エステの効果がインナーに!!
可愛い47歳! 元CA佐藤亮子さんの大人気トラベルブランド

コラム・連載

もっと見る

女性自身チャンネル

もっと見る

俳優の実力見せたB1A4ジニョン 今後の活動について激白2018.01.30

今回のK☆STAR LOVERSのゲストは、ソロでは初登場となるB1A4のジニョン。日本の地上波でも放送され、話題を呼んだドラマ『雲が描いた月明り』で時代劇に初挑戦。最旬スター、パク・ボゴムが演じる王...


ランキング