「菅田将暉は憑依型俳優」関係者驚かせた撮影現場の豹変ぶり

投稿日: 2017年12月01日 22:00 JST

image

 

「いま20代でもっとも勢いのある俳優は?」と問われれば、まっさきに名前が挙がりそうなのが、菅田将暉(24)だ。10月に公開された主演映画「あゝ、荒野」で親に捨てられた少年院帰りのボクサー・新宿新次を演じたかと思えば、現在公開中の「火花」ではお笑い芸人顔負けの漫才を披露している。

 

「菅田さんは“憑依型”の俳優です。映画やドラマの撮影が始まると、徹底的に役になり切ってしまう。それはプライベートでの性格が変わってしまうほどです。『あゝ、荒野』の撮影中は徹底的にボクシングのトレーニングを積んで、プロのような食事制限もしていました。もともとサッカーやアメフトの経験があって、運動神経はいい。驚くほど吸収が早く、周囲を驚かせたんですが……。それ以上にびっくりしたのが、カメラが止まっているところでも、完全に主人公の新宿新次になり切っていたことです。静かに撮影を待っている菅田さんには、近寄りがたい雰囲気があった」(映画会社関係者)

 

菅田は「キネマ旬報 2017年10月下旬号」で「あゝ、荒野」の撮影中の心境をこう語っている。

 

<新次と同じようにいろいろな欲も強くなっていって。食欲もそうですし……たとえて言うと、何回射精しても萎えないし満たされない、みたいな感じ。それぐらいパワフルで凶暴な自分が、間違いなく役以外に存在していました>

 

だが、「火花」の撮影中は、打って変わって明るい雰囲気だったという。

 

「完全に芸人になり切っていましたね。作中で相方を務める2丁拳銃の川谷修士さんや、もう一人の主人公で先輩芸人役の桐谷健太さんと終始バカ話をしていました。特にコンビということもあって川谷さんとの間には、菅田さんが冗談を言ってそれに川谷さんが突っ込むという構図ができていました。菅田将暉のことを知らない人がその様子を見ていたとしたら、本当の芸人さんに見えたかもしれません」(前出・映画会社関係者)

 

公開直前に板尾創路監督の不倫が発覚するなど、受難もあったが、「火花」を観た人からの菅田の演技は好評だ。次回作は来年4月に公開される、土屋太鳳(22)とダブル主演映画「となりの怪物くん」。ここで菅田は“性格に難がある”天才高校生を演じるという。毎回、まったく違う顔を見せてくれる菅田将暉。今度はどんな“憑依ぶり”を見せてくれるのだろうか。

【関連記事】

菅田将暉に高橋一生も!女子スタッフ歓喜したイケメン大河の夜

福山雅治 腐女子歓喜!ラジオで語った菅田将暉との仰天BL妄想
菅田将暉「私服が奇抜すぎ」と話題もブランド立ち上げ目指す

この記事が気に入ったら
いいね!/ フォロ− しよう

WEB女性自身の最新の情報をお届けします。

【注目アイテム】
「メスを使わない美容整形」コルギのパワーを自宅で!!
ジェニファー・ロペス、カイリー・ミノーグが「約20歳年下彼氏」を手に入れたワケ!
45歳、奇跡の美乳・原志保さんのボディを作るヒミツのグッズ公開!!
着るだけで、エステの効果がインナーに!!
可愛い47歳! 元CA佐藤亮子さんの大人気トラベルブランド

コラム・連載

もっと見る

女性自身チャンネル

もっと見る

“好感度1位”俳優パク・ボゴム 謙虚すぎる受け答えにウットリ2017.12.05

最旬スターのインタビューをお届けするK☆STAR LOVERS。今回のゲストは、今、韓国で最も愛される俳優のパク・ボゴム(24)。'16年に韓国で放送され、最高視聴率25.3%を記録した時代劇『雲が描...


ランキング